奈良公園の紅葉風景9・・・奈良公園春日野園地

  • 2011.12.09 Friday
  • 07:16
 春日野園地は昨日も書きましたが、浮雲園地に続く東大寺大仏殿に近い広場です。この園地の両側には小さな小川が流れて岸には楓が植えられています、又この園地の周りに沢山の桜が植えられていて、この紅葉も綺麗です。
この春日野園地と東大寺2月堂への裏参道の間には沢山の銀杏が植えられています、奈良公園の紅葉は最初に南京櫨や桜が色づき、次に銀杏が色づき、最後にモミジが色づき、紅葉の写真を撮りに出かけても期待はずれはありません。

春日野園地から大仏殿



12月にはいると鹿寄せが



銀杏の並木



モミジの紅葉


ヤマモミジ

奈良の紅葉風景8・・・奈良公園浮雲園地

  • 2011.12.08 Thursday
  • 08:06
 先にも書きましたが奈良公園は広くたくさんの園地(広場)があります、本日その中でも有名な浮雲園地の風景をアップします。ここ浮雲園地は東大寺南大門に向かって右手にある広場で、浮雲園地、春日野園地と続きます。
浮雲園地からは近くに新公会堂、遠くに若草山が望まれます、夏の燈火会のメイン会場です。南大門への参道脇は奈良公園名物南京櫨の大木の集落があり、朝はその下で鹿が日向ぼっこをしています。さらに浮雲園地と春日野園地の間には小さな小川があり、その両岸には楓が植えられて紅葉が見事です。

南京櫨の林



遠くに若草山、手前が新公会堂




南京櫨の紅葉



園地で遊ぶ子供

実だけに成った南京櫨
実がなりすぎると葉が早く落ちる

奈良の紅葉風景7・・・奈良公園飛火野園地

  • 2011.12.07 Wednesday
  • 08:20
 奈良公園には園地と呼ばれる広場が沢山あります、ここ飛火野園地をはじめ浮雲園地、春日野園地、荒池園地、浅茅が原園地とあります。
奈良公園の紅葉はモミジも綺麗ですが、モミジに先駆けて色ずく南京櫨は有名です。特にここ飛火野園地にある大きな南京櫨は写真家のお目当てです、朝早い時期の沢山が人が訪れています。
この南京櫨ですが東大寺入口の浮雲園地には沢山の木はあります、その下で朝早くは鹿が日向ぼっこをしています。
飛火野園地の南京櫨が広場は中央に大きな南京櫨と少し低い南京櫨が何本かあり、周りの風景と絵になります。

飛火野園地の名物南京櫨



朝一の飛火野の風景
鹿が居れば



夕方の飛火野



綺麗な空と



朝日の中の鹿と

奈良の紅葉風景6・・・鷺池の浮見堂

  • 2011.12.06 Tuesday
  • 08:16
 本日は奈良の観光スポット浅茅が原園地の下にある鷺池に浮かぶ浮見堂の風景をアップします。
この浮見堂は紅葉の季節はどの角度からとっても絵になります、しかし写真はといえばそうは行きません。
この浮見堂は桜の季節や紅葉の季節、又夏にはライトアップされて優雅です、特に有名なのが奈良の写真家入江泰吉氏が撮った雪の浮見堂は気に入っています。私も雪の浮見堂と鷺池に水煙上がる時の浮見堂を狙っています。

オーソドックスに紅葉と浮見堂



春の名残の桜の紅葉と



夏の名残のボートと



絵を書く人と



同じ角度から
写真の中にお化けが

奈良の紅葉風景5・・・奈良吉城園

  • 2011.12.05 Monday
  • 07:52
 本日は奈良依水園と吉城川を挟んである吉城園の紅葉風景をアップします、ここ吉城園も依水園と同じ経緯を辿って、今は観光庭園です。
依水園とはスケールは違いますが、庭園としては立派です。入口も依水園のわき道を入ると受付があります、依水園より一段高いところです。
ここも庭は2つあります、ひとつは池山水がある庭と苔に覆われた枯山水の庭です。特に枯山水の庭には立派な茶室があります。紅葉も綺麗ですが、新緑はなお綺麗です。池山水の庭にが小高い丘(低いがあり、展望台(大げさ)があります。

苔庭越しに見る茶室



茶室の全容



茶室の屋根と紅葉
紅葉を主役に



茶室の屋根と紅葉
屋根の形を主役に


茶室から見た紅葉
写真的に、ランタンを主役に



奈良の紅葉風景4・・・奈良依水園2

  • 2011.12.04 Sunday
  • 08:25

 ここ依水園は昨日も紹介しましたが、園内から東大寺南大門が見える様に、東大寺のすぐ裏にあります。入口からは奈良県知事公舎越しに奈良県庁が見えます。さらに名前の由来になっている吉城川が横を流れています、この川を挟んで、奈良では有名な吉城園があります。
さて依水園の紅葉は紅葉だけでなくいろいろの色ずいた木々があります、今日はちょっとした秋の気配をアップしてみます。

ドウダンツツジの紅葉
春には花が見事です



漆の木の紅葉



侘び寂びの世界


千両と紅葉



南天と紅葉

奈良の紅葉風景3・・・奈良依水園1

  • 2011.12.03 Saturday
  • 08:21
 本日は奈良の庭園では1番に挙げられる依水園の風景をアップします、この庭園は今では法人として管理されているが最初は個人が別宅として作ったものだそうです。
前園と後園に分かれていて、それぞれ作った年代が江戸、明治と違います、そのためまったく別の顔を持ちます。前庭から狭い通路を抜けると東大寺南大門、若草山、春日奥山を借景にした雄大な風景が望めます。茶室氷心亭からは池越えに小高い丘がありその向うに借景が見られます。季節季節にはいろいろの花が見られます、とくにドウダンツツジや菖蒲は有名です。

ベスト風景1
一番ベストかな



ベスト風景2
青空が多すぎたが影を入れてアクセントを



ベスト風景3
紅葉がアクセントも空がとんだ



茶室三秀亭のある前庭



茶室三秀亭からの前庭の眺め

奈良の紅葉風景2・・・正暦寺2

  • 2011.12.02 Friday
  • 09:01
 ここ正暦寺は奈良市の南のはずれにあり、日常は奈良駅から米谷行きのバスで25分柳茶屋で降りて2kmほど歩かねば成りません。道はだらだら坂ですが結構な登り道です、その突き当りがお寺さんです。寺の人が教えてくれたのですが、境内から見える山はすべて寺の土地だったといわれました、大きさが半端ではなかったと思います。紅葉の季節は寺まで臨時バスが出ます、今回は道筋の風景を楽しむため柳茶屋から歩きました、さすがに北の山辺の道といわれるだけあって、素晴らしい景色に出会えました。

山の手に広がる棚田風景
上・中・下にある柿木の柿が逆光で冴えず



同じ風景を縦位置で
少しは柿の存在が見える、風景写真は縦・横で撮っておくこと



沿道の柿木とススキ



同じく沿道の南天と柿



珍しい楓

奈良の紅葉風景1・・・正暦寺1

  • 2011.12.01 Thursday
  • 08:23

 本日からは近畿一円の紅葉風景をアップします、今年の紅葉は今ひとつですが、過去の撮り溜めた写真と同時並行でアップします。
その第1弾が奈良で、最初の登場するのが正暦寺です。ここには例年訪れていますが、いつも早すぎたり、遅すぎたりと綺麗な紅葉風景は見ていません。そんな訳で今年最初の近畿圏の撮影の出かけましたが又不発です。
紅葉の写真は綺麗な紅葉と何かを組み合わせて始めて写真になります。お寺の紅葉写真はその何かがあることから出かけます。先週までアップした信州の紅葉風景は大自然がバックでしたが、今回からはその脇役探しの紅葉写真です。紅葉写真はすぐに紅葉の綺麗なグラデーションにつられて写真を撮ってしまいます。

ムラサキシキブを前景に本堂を
バックの紅葉は今ひとつ



真っ赤な楓を前景に境内を



南天を前景に客殿を
正暦寺は南天の名所でもある



ここ福寿院中からの紅葉がベスト
紅葉状態が悪くいつもこのように外から



昔栄えた印の坊の墓石と13重塔
昔は最大86坊あったとされている

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM