東京見物その11 旧古河庭園 1

  • 2017.01.12 Thursday
  • 05:50

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その11

旧古河庭園 1

 

  本日は庭園巡り、第2弾として旧古河庭園をアップします。ここ旧古河庭園は六義園から北へ、徒歩30分ぐらいのところにあります。武蔵野台地の斜面と低地を利用した庭園で、北側の小高い丘に洋館を建て、斜面に洋風庭園を、そして低地には日本庭園を配した美しい庭園です。

この土地は明治の元勲陸奥宗光の邸宅でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子になったとき、古河家の所有になった。ただし当時の建屋は残っていないそうです。本日アップするのは、洋館部分と洋風庭園です。この洋館と洋風庭園はイギリス出身の建築家ジョサイア・コンドル(旧岩崎邸洋館、鹿鳴館、ニコライ堂を設計)により設計・監理された。特に洋風庭園のバラは有名です。

 

入口から見た車寄せのある洋館

 

 

花壇と洋館

 

 

 

石造りの見事な洋館のテラス

 

 

少し引いた位置から全景を

 

 

洋館テラス前から下を

 

 

下から洋館を

 

 

日本庭園への兜門

 

 

展望台から洋館を

 

 

展望台から日本庭園を

東京見物そ10 六義園 3

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 05:54

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その10

六義園 3

 

  本日は一昨日、昨日と六義園の風景をアップしたが、アップできなかった見事な風景が残っているので、それをアップします。ここ六義園は造営当時88境といったぐらいですから、写真にする風景がたくさんあります。

なお私がここを訪れるのは2回目で、前回はツアーで訪れたため、ツアーのガイドさんの案内で短時間で歩いたため、せっかく桜咲く季節でしたが写真は少なく、今回の訪問となった。

 

ウルシの紅葉

関東以北はウルシの紅葉が多い

 

 

同じく

 

 

ツワブキの花

 

 

ツワブキの咲く風景

 

 

ドウダンつつじの紅葉

 

 

春のつつじ

 

 

秋のつつじと桜の紅葉

 

 

見事な色合い

 

 

同じく

 

 

灯篭と松

 

東京見物その9 六義園 2

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 06:24

 

JUGEMテーマ:写真

 

 東京見物その9

六義園 2 

 

 六義園のの名称は紀貫之の”古今和歌集”の序文にある六義からきているそうです。六義とは和歌の六つの基調を表す語で、柳沢吉保も和歌に造詣が深かったので、古今和歌集の和歌にうたわれた情景を庭園に再現しようとした。特に紀州の和歌浦を中心とした風景を取り入れた。

そういう事で、本日は造営時にもあった風景を中心にアップしていきます。

  藤代峠からの風景、晩秋の渡月橋、出汐乃湊、妹山・背山、瀧見茶屋、ささかにの道、吹上茶屋、山影橋

等をアップします。

 

藤代台からの展望

 

 

晩秋の渡月橋

 

 

出汐の湊からの眺望

 

 

玉藻の湊からの眺望

奥に見えるのが吹上茶屋

 

 

妹山・背山の風景

 

 

瀧見茶屋とその風景

 

 

ささかにの道

 

 

つつじ谷

 

 

山陰橋

 

 

今日の一枚

同じく土橋

東京見物その8 六義園 1

  • 2017.01.09 Monday
  • 06:13

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その8

六義園 1

 

 本日は東京見物2日目にまわった庭園巡りの、その1弾六義園をアップします。六義園は山手線で駒込駅から徒歩5ぐらいのところにあります。。しかし実際の入り口はそこから4分の一周したところにあります。

六義園は徳川五代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保が自分の下屋敷として造営した大名庭園です。1695年(元禄8年)に加賀藩の旧下屋敷跡を綱吉から拝領した約2万5千坪の平地に、土地を積んで丘を築き、千川上水を引き入れ、池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観を持った回遊式築山泉水庭園です。

その後明治の初年に、三菱財団の創始者岩崎弥太郎が六義園を購入し、維新以来荒廃していた庭園を整備している。そのときの整備跡として、今見る赤煉瓦の塀です。本日は赤煉瓦の囲まれた外観と入口の様子をアップします。

 

裏門の当たる染井門

 

 

赤レンガの塀

 

 

正門

 

 

内庭大門(春)

 

 

同じく内庭大門(秋

バックの桜が紅葉

 

 

正門から内庭大門までの風景

 

 

庭園への門

 

 

茶室への門

 

 

内庭大門の出たところにある枝垂桜

 

 

今日の一枚

岩崎弥太郎邸跡

東京見物その7 新装なった東京駅

  • 2017.01.08 Sunday
  • 06:07

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その7

新装なった東京駅

 

 本日は神宮外苑の青山1丁目から地下鉄東西線で大手町に向かいました。新装なった東京駅周辺を散策した様子をアップします。ところが地下鉄南北線で大手町駅で下車したのはいいが、地下道からはなかなか東京駅に行くことはできず、一度地上へ、サラリーマン時代に訪れた会社の建物を頼りに東京駅に着いた。

その東京駅ですが、建屋は新装なっていたが、周辺はまだ工事中で見学もできず、雨もパラパラ振り出し、再度地下を歩くのも不安に感じ早々にホテルに引き上げた。

 

工事中で左ウイングのみを

 

 

閉鎖中の中央入り口

 

 

旧丸ビル

 

新丸ビル

 

キッテ会館

旧郵便局

 

東京駅のウイングドーム

2階部分は東京駅ホテル

 

今日の一枚

皇居から東京駅までの車道、天皇陛下のみ通行可能

東京見物その6 神宮外苑銀杏並木

  • 2017.01.07 Saturday
  • 06:19

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その6

神宮外苑銀杏並木

 

 

 本日は神宮外苑の銀杏並木をアップします。地下鉄表参道駅から青山1丁目まで地下鉄に乗り、地上に出たところが銀杏並木と思いきや、少し雰囲気が違うので、角にあった交番で尋ねると1本南の通りであった。

この銀杏並木は手前から奥にある聖徳記念美術館まで約300mにわたって、両側に街路樹として銀杏が植樹されています。向かって左側は神宮野球場で、丁度のこの日は早実の清宮選手が出る試合があったため賑やかでした。銀杏の紅葉にはまだ少し早く黄金色と緑色が半々でした。さらにここの銀杏並木の名物落葉はほとんどなしでした。

ところで今回の東京見物で、イチョウは同じ場所でも紅葉の速さが違うのが分かった。一方は黄色、一方は緑の風景をいたるところで見かけた。

 

青山1丁目の通り

 

 

神宮外苑通り

奥が聖徳記念美術館

 

 

神宮野球場側の通り

 

 

来た道のほうを

 

通りの反対側を

黄色と緑色のコントラスト

 

 

並木道にあるオープン・カフェ

 

 

見事は木の並び

 

同じく車の並び

 

東京見物その5 若者の街竹下通りから大人の街表参道へ

  • 2017.01.06 Friday
  • 05:48

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その5

若者の街竹下通りから大人の街表参道へ

 

 本日は竹下通りから表参道を歩いた様子をアップします。まず私がここ竹下通りを訪ねたのは”竹の子族”の名が流行していた時から久しぶりの竹下通りです。今でも昔の面影がないではないが年齢層が下がっているようだ。平日のかかわらず、こんな若い子がと思う人たち歩いていた。そんな中に外国人観光客がいて、異様な雰囲気でした。早々に通りを抜け、神宮通りから表参道に出ました。

ここは日本街路樹100選の1つだそうで、ケヤキ並木の紅葉は雰囲気がありました、少し遅きの感がした。両脇の歩道沿いにはハイカラなブティックが並び写真にはなりました。表参道といえば高級ブランドの店が並ぶ通りですが、意外に人通りも少なく拍子抜けの感がした。そのため店に入るのを躊躇し、通り抜けた。また本来なら歩道橋から写真をと思ったが、あまりのお上りさんになるのでやめた。

 

 第2の原宿駅

こんな駅舎があるとは

 

 

相変わらずの人”竹下通り”

 

 

神宮通り

 

 

表参道通

鉄パイプの椅子はおしゃれな表参道に似合う

 

 

表参道高級プティック街

 

 

反対から見た風景

 

 

表参道ヒルズ玄関

 

 

ケヤキ並木

 

 

同じく

 

 

今日の一枚

さすが大東京、こんなトラックが

東京見物その4 明治神宮御苑

  • 2017.01.05 Thursday
  • 06:52

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その4

明治神宮御苑

 

 本日は明治神宮の深淵というべき明治神宮御苑をアップします。明治神宮は今回が2度目ですが、ここ明治神宮御苑は初めてです。ここ御苑は明治神宮でも書きましたが、熊本藩主加藤家別邸の庭園で、その後彦根藩主井伊家に移り、徳川家光もたびたび訪れたとされる。明治時代に宮内庁の所管となり、代々木御苑と称された。明治天皇、昭憲皇太后もたびたび訪れた由緒ある名園です。

園内は武蔵野の里山の面影をとどめる風情のある苑です。苑内には隔雲亭、南池、御釣台、四阿、花菖蒲田、清正井などがあり、四季折々の花が植えられています。特に花菖蒲は明治天皇が昭憲皇太后のために植えられたといわれ江戸菖蒲で有名だそうです。

 

明治神宮御苑の苑内図

 

 

融雲亭の入口

 

 

表から見た融雲亭

つつじの刈込が花を添える

 

 

御釣台と南池

 

 

花菖蒲田と四阿

 

 

反対から見た花菖蒲田と四阿

 

 

四阿と紅葉

 

 

清正井

 

 

今日の一枚

武蔵野の面影を残す雑木林

 

 

東京見物その3 原宿から明治神宮へ

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 16:22

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その3

原宿駅から明治神宮へ

 

 本日からいよいよ”お上りさん”の東京見物です。新幹線で品川駅(宿泊が品川プリンスのため)で下車、山手線で原宿駅に向かいました。その昔懐かしい原宿駅から、神宮橋を渡り、大鳥居をくぐり、長い参道を歩くと楼門にたどり着きます。ここも関西と同じく外人観光客が多いです。

ところでここ明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする、大正時代創建の神社です。その昔は肥後藩主加藤家の別邸で、寛永17年より彦根藩主井伊家の下屋敷に、さらに明治7年に政府が買い上げ南豊島御料地になっている。楼門、社殿には新鮮味はないが、参道に奉納の酒樽やワイン樽(フランス・ブルゴーニュ寄贈)のある風景は気に行った。また明治天皇の御歌が看板で掲げられていた。気に入ったので紹介します。

 

   うつせみの 代々木の里は しずかにて 都のほかの ここちこそすれ

 

JR山手線原宿駅

建て替えの話が、東京最古の2階建木造駅舎

 

 

山手線かかる橋゛神宮橋”

昔このあたりに陸橋があったように思う

 

 

明治神宮の第1鳥居

 

 

長い明治神宮参道

 

 

参道に並ぶ法の酒樽

 

 

同じくフランスブルゴーニュから奉納のワイン樽

 

 

第2鳥居と楼門

 

 

スダジイの大木と拝殿

 

 

拝殿から本殿を

 

 

今日の一枚

見事な楼門、修理中

東京見物その2 プロローグ2

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 06:31

JUGEMテーマ:写真

 

東京見物その2

プロローグ2

 

 本日は2泊3日で行った東京見物の概要を書きます、結構ハードでした。まず第1日目は明治神宮、明治神宮御苑、原宿竹下通り、表参道、神宮外苑イチョウ並木、東京駅と巡りました。第2日目は庭園巡りで、六義園、古河庭園、小石川後楽園、東京ドーム、銀座と巡った。第3日目は"はとバス観光ツアー”で、東京スカイツリー、東京ソラマチ、浅草浅草寺、シェラトン・ベイ・ホテル(昼食)のコースです。

なお宿泊は品川プリンスホテルとした、その理由ははとバス観光ツアーの出発がホテルの玄関からで早朝の出発が仕えたからです。さて本日の写真はカレンダーを飾った7〜12月分です。明日から東京見物の写真をアップします。

 

7月度カレンダー 東京スカイツリーから新宿を

 

 

8月度カレンダー 東京最古の木造2階建駅舎 原宿駅

 

 

9月度カレンダー 小石川後楽園東京ドームの映り込み

 

 

10月度カレンダー 数寄屋橋交番゛君の名は”

 

 

11月度カレンダー 神宮外苑銀杏並木

 

 

12月度カレンダー ショーウインドー゛動くシロクマ”

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM