平清盛の足跡を訪ねて11…厳島神社2

  • 2012.07.18 Wednesday
  • 07:53
  本日は厳島神社内部の様子を写真でアップします、今回は語り部付でしたので神社の魅了をたっぷり知ることになりました。まず語り部曰く厳島神社の見所は
   1.大鳥居、2.本殿、3.平舞台、4.高舞台、5.能舞台、6反橋、7.回廊
だそうです。
昨日大鳥居と本殿発アップしたので、本日は残りといううことですが、その中で舞台が3つあります。
この舞台は日本三大舞台に入っているそうです、他の2つは大阪四天王寺の石舞台、大阪住吉神社の石舞台だそうです。地元の2つはよく見慣れているのであまり感心しませんが、ここに景観はまた格別です。
さらに私が気に入ったには回廊に板敷が1間の間に8枚並べられていることです、その板幅も一枚一枚が違っています、長い回廊にこれだけの技術
が工夫されいるそうです。

本殿から見た高舞台越しの大鳥居
前方が平舞台

能舞台



反橋
勅使等が拝殿する橋、天皇陛下も渡った


朱塗りの回廊

回廊の板幅
一間に8枚


回廊の間にある拝殿

平清盛の足跡を訪ねて10・・・安芸の宮島厳島神社1

  • 2012.07.17 Tuesday
  • 13:46
  本日からは平家一門の隆盛を象徴する安芸の宮島の厳島神社をアップします、ここ厳島神社は平清盛が安芸守についたことから厳島神社の再興が始まります。
平清盛の果てしない夢、信仰、美意識が凝縮された世界遺産とパンフレットには書かれています、海の潮の満ち干を考えた神殿は世界遺産にふさわしい建物と思います。それを支えるのが赤い大鳥居です、大鳥居があって初めて厳島神社は成り立ちます。
今回ここ宮島を訪れたのは大学(広島)の同窓会で訪れたのですが、大学時代は何回か訪れていますが、今回は幹事の心遣いで“語り部”付きではじめて厳島神社を堪能しました。まずは厳島神社の全景を

海から見た全景
春の台風で大鳥居がかくれんぼ


かくれんぼの大鳥居
この大鳥居があって初めて厳島


夜の厳島神社
初めて見る海からの夜景、大鳥居がないのは残念


朝焼けの厳島神社


厳島神社の見所の一つ本殿


平清盛の足跡を訪ねて8…広島呉音戸の瀬戸2

  • 2012.07.16 Monday
  • 13:44
  本日は清盛が音戸の瀬戸を開削するに当たり6ケ月と期限を切って着工しました、最後には山の上から扇を振って太陽の沈むのを阻止したとの伝説があります。
今日はその伝説の高台、音戸の瀬戸公園高鳥台からの風景をアップします、この公園には平清盛の日招像があります。この高台からは平清盛が崇拝した厳島神社のある宮島が眺めることができます。
眼下には音戸の瀬戸、遠くには瀬戸内海の風景が見ることのできる景勝地です。

平清盛日招像


平清盛が見た先は


この風景か


はたまたこの風景か
右上にかすかに見えるのが宮島


呉は戦艦大和の母港
造船を発展させた鉄鋼所



平清盛の足跡を訪ねて9…広島呉は戦艦大和の母港

  • 2012.07.15 Sunday
  • 09:10
  本日は広島市呉といえば、戦艦大和の母港です、本日はそんな戦艦大和にまつわる風景をアップしてみます。まず呉の駅前には戦艦大和ミュジアムがあります、中には戦艦大和の1/10の模型があるそうですが、私が訪ねた時は月曜日で休刊日でした。しかしミュジアムの外には戦艦陸奥の部品や潜水艦あかつきの実物が展示されていました。
音戸の瀬戸からの帰り道、戦艦大和のドックや現在の自衛隊の基地に
ある潜水艦を見ることができました、日本にもこんなにたくさんの潜水艦があるとは

戦艦大和ミュジアム前の潜水艦
潜水艦あかつきの実物


戦艦陸奥の部品


戦艦大和を建造したドック


自衛隊の基地の潜水艦


同じく護衛艦


平清盛の足跡を訪ねて7・・・広島県呉音戸の瀬戸1

  • 2012.07.14 Saturday
  • 08:41
  ここ広島県呉市音戸の瀬戸は平清盛が日栄貿易を発展させるために,瀬戸内海航路の難所音戸の瀬戸の開削工事を進めました。ここ音戸の瀬戸は向かいの倉橋島との距離も短く急流でした、そこでここの開削を進め、瀬戸内海航路の短縮を図りました。これは日栄貿易のためばかりでなく、清盛自身の厳島神社参拝の期間短縮にもなりました。
今は倉橋島との間には音戸大橋がかかっていますが、今でも倉橋島に行く渡船があります、日本一短い渡船として有名です。

上から見た音戸の瀬戸
真向いの島は倉橋島、今では2本目の橋が建設中です


倉橋島側の橋のたもとにある清盛塚
向こうに見えるのが2本目の橋


日本一短い渡船
手前がその船、わずか3分


その渡船の乗り場
この浮桟橋の乗ると向こうの渡船場から船が


2本目の音戸大橋と渡船の乗り場


平清盛の足跡を訪ねて6…大輪田泊2

  • 2012.07.13 Friday
  • 06:25

  大輪田泊の近くにはさらに清盛ゆかりの地が2つあります、一つは経ケ島建設で取り崩した塩鎚山のたたりに触れないようにした七宮神社を崇拝し、港の無事を祈願したとされる神社です。
もう一つは清盛が出家したとされる寺で、京でなくなった清盛の遺骨を持ち帰ったとされる住職の寺です。その名は能福寺で兵庫大仏のおわします寺です。ここはJR兵庫駅から近くで兵庫駅から兵庫住吉神社までは歩いて1時間ぐらいですが途中に神戸中央市場があり食事をするとよいハイキングコースです。

能福寺境内にある清盛の墓


兵庫大仏
地震対策で少し小降りに


能福寺本堂

源平の戦死者の発掘された墓


七宮神社の鳥居


七宮神社本殿
清盛の足跡はない








平清盛の足跡を訪ねて5…神戸大輪田泊まり

  • 2012.07.12 Thursday
  • 08:05

  本日は平家一門の経済を支えた日宋貿易の拠点に、平清盛がしたかった大輪田泊の様子をアップします。平清盛はここ大輪田泊を国際港とすべく心血を注いだといわれる経ケ島の人工島跡は見当たりませんでしたが、平清盛の足跡はありました。
その一つが兵庫住吉神社にあります清盛塚です、初めは少し離れたところにあったそうですが神戸市電を走らせるために住吉神社の境内に移されたそうです。清盛塚には十三重の塔と清盛の銅像、さらに琵琶塚の石碑があります。すぐ横は運河で清盛橋と大輪田橋があります、清盛橋は最近の橋のようです、その清盛橋の橋詰に清盛が後白河法皇を幽閉したとされる薬仙寺があります。


兵庫住吉神社内の清盛塚
十三重の塔には弘安9年(1288)の年号が福原遷都は1180年


兵庫住吉神社


運河のかかる大輪田泊橋


後鳥羽上皇が幽閉された萱の御所の碑


その碑がある薬仙寺
天皇家に縁ある寺か、花山法皇の歌碑や後醍醐天皇の薬水の井戸が


平清盛の足跡を訪ねて4・・・神戸福原2

  • 2012.07.11 Wednesday
  • 07:42
 本日は平清盛が神戸福原遷都に当たり歓請したとされる2つに神社を紹介したと思います。この2つ神社が福原遷都の証でもあるように思います。
その一つは平家一族の氏神でもある安芸の宮島の厳島神社です、もう一つが後白河天皇が崇拝した熊野神社です。厳島神社は神戸高速鉄道新開地の近くに、熊野神社は雪見御所の石碑の近くにあります。この2つは清盛が福原京と大輪田泊の発展を祈願して歓請したとされています。

厳島神社の鳥居


厳島神社本殿


熊野神社の鳥居


熊野神社の本殿


平清盛の足跡を訪ねて3…神戸福原1

  • 2012.07.10 Tuesday
  • 08:50
  京都で権勢をほしいままにしていた清盛ですが、京都には敵も多く、京都を捨てて神戸の福原に遷都を強行しました。この地は背後に急峻な山、目の前には兵庫津を抱え、西は塩屋、東は生田の森に囲まれた要塞で、しかも日栄貿易の玄関口大輪田泊に近いことから幻の都を夢見ていました。しかし夢かなわず6か月で京都に戻っています。
さてこの福原ですが、今の神戸市兵庫区の山の手ですが、現在清盛が都を築いた後は何もありませんでした。ただあるには清盛が山荘にした雪見御所跡の石碑だけです、近くで発掘調査はされているようですが

雪見御所旧跡の石碑



清盛の弟頼盛の山荘跡の荒田八幡神社
雪見御所から近いところに




荒田八幡神社の本殿


安徳天皇の御在所でのあった碑
神社内


福原遷都800年の記念碑
神社内



平清盛の足跡を訪ねて2・・・三十三間堂

  • 2012.07.09 Monday
  • 07:33
  本日は平清盛が当時の権勢を示すために創建したといわれる三十三間堂を中心にアップします。ここ三十三間堂は後白河上皇が院政を敷いた法住寺内の蓮華王院内に後白河上皇の要請で建てたものだそうです。今の法住寺は後白河上皇の墓所管理寺の如く小さなお寺さんです、そのため今は三十三間堂が主役ですが、昔は法住寺の一角であったようです。
ところで天皇・上皇・法皇と同じ人の名前が変わるのは生きて天皇を辞めて政治をする人(院政)を上皇、出家して政治をする人を法皇というそうです、以上は本の受け売りです。そんなわけで三十三間堂は平清盛の威信をかけた作りです。

三十三間堂の全景


東大門


東大門から見た三十三間堂


今の法住寺


法住寺の本堂


法住寺の裏にある後白河天皇陵



PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM