京の夏の旅 東山大雲院の園閣

  • 2013.08.25 Sunday
  • 08:39
  本日は京都の夏の旅として特別公開されている東山にある大雲院祇園閣をアップします。ここ大雲院は正親町天皇の勅命により、貞安上人が織田信長とその子信忠の菩提を弔うために烏丸二条に創建、その後秀吉の京都政策により寺町に移転するも、昭和になり町が繁盛し、現在地の移転する。
もともとここには大倉喜八郎の別邸“真葛荘”があったところで、いつでも祇園祭の山鉾が見られるようにと大雲院の敷地内に3階建の山鉾の形をした建屋を建て、銅板葺の屋根にしたところから金閣、銀閣につぐ銅閣と呼ばれている。

東山“ねねの道”の正面にある祇園閣


ねねの道正面にある門
山門のようですが


こちらにも山門が
中から見た写真、山門は宮家の門を移設したとされているのでこちらが正式か


山門横に立派な鐘楼が
北野天満宮から移設されたといわれている


平安、鎌倉様式の折衷の本堂


今は書院の真葛荘

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 08:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM