姫路好古園の風景1

  • 2013.04.13 Saturday
  • 07:08
  本日からは姫路城の隣にある好古園の風景をアップします、ここ好古園は発掘調査で確認された武家屋敷跡の遺構を生かして池泉回遊式庭園にしたものです。園内は9つの庭からなり、各々の庭が漆喰の白壁で分離されています。
さて本日からの写真のアップは今年のテーマ京都の名園の写真で考えている、日本の四季を活用した冬景色(冬枯れの庭園)、春景色(新緑と花のある庭園)、秋景色(紅葉の庭園)を同じところから撮影する事を主題にしています。
幸いここ好古園は昔紅葉時の来たことがありますので、その写真と今回の冬枯れの残る風景と比較しながらアップします。
まずは好古園の入口風景です、9つの庭のうち御屋敷の庭に入ります。受付を通りレストラン(活水軒)の入口から渡り廊下を使い展望室(潮音斉)に向かいます。

好古園の全体の入口からの風景
各庭は漆喰の白壁と門で区分


各庭に入口にある門


レストラン(活水軒)入口までの風景


同じところからの秋の風景


レストラン(活水軒)から潮音斉(展望室)への渡り廊下


渡り廊下からの風景


同じ位置からの秋の風景


スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM