姫路城の桜風景3(二の丸)

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 07:14
 本日は“三国曲輪”から“いの門”をくぐり、“ろの門”前を右の折れて二の丸広場に出ました。この日は“天空の白鷺”の開催期間中だけ、初めて“りの一渡櫓”が公開されていました。昭和の大修理の時に発見された古瓦やその時使われた部材が展示されていました、特に興味を引きましたのが江戸・明治・昭和の鯱瓦です、そのほか甲冑も展示されていました。しかし私が興味を引いたのは“りの一渡櫓”の窓から見た風景です、下に昨日アップした三国曲輪、遠くに西の丸が見られたことです。

ろの門
この門をくぐると西の丸や時計周りで天守閣へ行けます


2層の“ぬの門”
二の丸に入る門


“りの一渡櫓”からの風景


江戸・明治・昭和の鯱瓦

展示されていた甲冑


番町皿屋敷で有名なお菊の井戸



スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM