ぶらり京都まち歩き 京の冬の旅を歩く最終回(洛中)7 宝鏡寺

  • 2013.03.16 Saturday
  • 06:57
  ここ宝鏡寺は室町時代に創建された臨済宗の尼門跡寺院、代々皇女が住職を務めたことから百百御所と呼ばれている、天皇から送られた由緒ある人形を公開することから“人形の寺”として有名です。私が訪ねた時は京の冬の旅の特別公開は終わっていて、人形の特別公開に変わっていました。
そんなわけ期待した庭の写真撮影は出来ませんでした、たぶん特別公開時も撮影は禁止だと思います。この宝鏡寺の近くには昨日も書きましたが、裏千家、表千家の屋敷が並び、通りには昔ながらの老舗の店が並んでいます。

白壁の宝鏡寺


山門


人形の寺らしい石像


山門前が傘屋
境内で乾燥を


老舗の菓子屋


スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 06:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM