京都の紅葉嵯峨野散策(厭離庵)・・・京都の紅葉散策28

  • 2012.12.20 Thursday
  • 08:49
  本日は二尊院を後にして清凉寺に向かう途中にある藤原定家が小倉一首を編んだとされる時雨亭のある厭離庵の紅葉をアップします。藤原定家が住んだとされる山荘跡ですが、荒廃を繰り返し現在は尼寺として男僧が住職をしています。
庭の紅葉は見事で今は秋のみ特別公開が行われています、いまも時雨亭は境内にありますが時雨亭跡と称するものが他に2つあります。その一つは常寂光寺にある時雨亭跡、さらにもう一つは二尊院にある時雨亭跡です、どちらも近くであるし小倉山の麓にありますミステリアスです。

狭い路地奥にある門
両側の竹垣根は見事です


厭離庵にある時雨亭


庭園の入口


庭園の風景
中央の石灯籠が定家を偲ぶ五輪の塔“定家塚”


見事な楓に木



スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 08:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM