京都の紅葉嵯峨野散策(落柿舎)・・・京都の紅葉散策25

  • 2012.12.17 Monday
  • 08:19

  本日は京都嵯峨野散策のメインストリートにある落柿舎の紅葉風景をアップします、ここ落柿舎はこの時期にたくさんの柿がなっている風景は有名です。パンフレットによればその柿の木の本数は400本もあると書かれています。
もともとは松尾芭蕉の弟子の向井去来が草庵を結んだところとされています、隣には皇室の廟があります。特にここで目を引くのが落柿舎の門前が以前が畑でしたが、最近は景観を考えてか、公共の持ち物になったと聞いています。そのためかどうか今年は何も植えられていなかった。

落柿舎を取るベストポジション
このころは門前には稲作が


同じ風景を角度を変えて
このころからは野菜が、常寂光寺の参道出てくるとこの風景が


見事な柿のある風景
年のよって柿のなり方が違う


この風景が一般的
中に入る人は少ない、私も1回だけです



スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 08:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM