平清盛の足跡を訪ねて17・・・山口県下関壇ノ浦

  • 2012.07.24 Tuesday
  • 06:30
   いよいよ本日からは平家一門最後の地山口県下関壇ノ浦を訪ねました写真です。ここ壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門は、平清盛の妻二位尼が幼い安徳天皇を抱いて“海の中にも都はござる”の辞世の言葉を最後に入水した場所です。ここ壇ノ浦は九州との間が一番狭い海峡で“早鞆の瀬戸”といわれるところで、海の戦いにたけた平一門が流れの速さを読み間違えて負けたところです。このくだりは平家物語にもありますが、壇ノ浦にある“みもすそ川公園”で紙芝居がされていました。

義経と知盛の像
壇ノ浦みもすそ川公園の風景、上の橋は関門大橋


この銅像は大河ドラマ”義経”の時のもの
銅像と当時の主演者の手形が 義経 滝沢秀明、知盛 小泉孝太郎


二位尼の辞世の句碑
句は“海の中にも都はござる”ではなかった


ここ下関は幕末の戦場でもあった
この大砲は“長門砲”と呼ばれもの


紙芝居の人
琵琶法師よろしく平家物語を



スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 06:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM