大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその2 河口慧海も学んだ寺子屋

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 06:30

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちのお宝を探せその2

 

河口慧海も学んだ寺子屋

 

 本日アップするのは昨日書きました河口慧海も学んだ寺子屋です。河口慧海は僧侶になって、鎖国していたチベットに入り仏典を日本にもたらした人です。ところで寺子屋ですが、今は堺市立歴史館清学院となっていますが、元々は修験道の道場で、江戸時代の後期から明治初期には清学院の名で寺子屋だった。現在は文化財建物として堺市立町家歴史館として、後のアップする山口家住宅とともに公開されている。内部には寺子屋の歴史や河口慧海の資料が展示されている。また境環濠都市区域のまち歩きの拠点にもなっている。

 

堺市立町家歴史館清学院

 

同じく反対から

 

併設してある不動堂

 

内部の寺子屋の様子

 

坪庭が

 

この時期ひな祭りが

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 06:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM