河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その15 紀州東照宮

  • 2018.11.17 Saturday
  • 06:48

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その15

 

紀州東照宮

 

 本日アップする紀州東照宮は江戸幕府初代将軍の徳川家康を神格化した東照大権現と紀州藩初代徳川頼宜を神格化した南龍大神を祀る神社です。神社は1612年(元和7年)に徳川頼宜によって南海道の総鎮護として創建され、関西の日光と称されている。

本殿には左甚五郎の極彩色の欄間や狩野探幽の襖絵があります。神社は雑賀山の中腹にあり、眼下には和歌の浦の絶景が広がります。

 

東照宮への登り口

 

急な登り階段

 

登り階段から見える山門

 

山門

 

山門の間から拝殿

 

回廊に囲まれた拝殿

 

衣干したる境内

 

境内から見た山門

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM