河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その8 和歌の浦片男波海岸

  • 2018.11.09 Friday
  • 06:22

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その8

 

和歌の浦片男波海岸

 

 本日アップするのは紀三井寺から見えた和歌の浦片男波海岸です。海岸線は海水浴場にもなっています。海岸線の反対側は昔山部赤人が詠んだ‟わかの浦 潮満ちれば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴鳴き渡る”という干潟です。片男波公園に入るには不老橋を渡ります。この橋は紀州藩第10代徳川治宝が東照宮御旅所の移築のため架けられた橋とのことです。

 

運河沿いから見た不老橋

 

近づくと

 

正面から

 

満潮時の干潟

 

片男波海岸

 

同じく

遠くは海南の火力発電所

 

その火力発電所を

 

この日は満月

スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 06:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM