万葉集でたどる奈良歴史探訪その8 飛鳥兇修裡検“鳥正宮=飛鳥板蓋宮跡

  • 2017.10.05 Thursday
  • 06:07

JUGEMテーマ:写真

 

万葉集でたどる奈良歴史探訪その8

飛鳥兇修裡

 

飛鳥正宮=飛鳥板蓋宮跡

 

 本日は旧道の石舞台に近いところにある飛鳥正宮と呼ばれる飛鳥板蓋宮跡をアップします。ところで最近飛鳥正宮と呼ばれるようになったのは舒明天皇の岡本宮、皇極天皇の板蓋宮、斉明天皇の後岡本宮、天武天皇の浄御原宮は全て同じ地域にあったとされることからだそうです。これも最近の調査で分かった事のようです。

ところで板蓋宮跡は井戸跡と思われる遺跡が残されているだけで、周囲は全て田地です。近くに甘樫の丘を、遠くに大和三山に見える景勝地です。天皇の住処があったにふさわしいところです。

ところで昔井戸を管理する人を采女と呼び、采女の子(天皇になれない)であった志貴皇子の詠んだ歌

 采女の 袖吹き返す 明日香風 都を遠み いたずらに吹く

藤原京遷都後に飛鳥を懐かしんで

 

皇極天皇板蓋宮跡の証明書

 

遺跡として残された井戸跡

 

東から見た宮跡

 

南から見た宮跡

遠くに香具山が

 

甘樫の丘をバックに

 

 

宮跡らしいところ

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 06:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM