万葉集でたどる奈良歴史探訪その8 飛鳥兇修裡機 箸んだ祭”で有名な“飛鳥坐神社”

  • 2017.10.02 Monday
  • 06:36

JUGEMテーマ:写真

 

万葉集でたどる奈良歴史探訪その8

飛鳥兇修裡

 

“おんだ祭”で有名な“飛鳥坐神社”

 

 本日は藤原京から自転車で山田寺跡をパスして、飛鳥気妊▲奪廚靴靴慎貽擦糧紳仟Δ瞭口に向かい、そこにある飛鳥坐(飛鳥にいます)神社をアップします。甘樫の丘の豊浦展望台から真東に見える鳥形山(飛鳥の神奈備、また手向けの山とも呼ばれる)に鎮座する神社です。

創建は古く、神話の時代ともいわれ延喜式神名帖にも、事代主神、飛鳥神奈備三日女神、大物主神および高皇産霊神の四柱を祀る神社として記載されている。社殿は平成3年に吉野丹生川上神社から移築されている。ここを有名にしているのが2月のおこなわれる“おんだ祭”で、三河の“てんてこ祭”、尾張の田県祭”、大和江包“網かけ祭”とともに西日本における四大性神事といわれる。ここの“おんだ祭”が一番えげつないといわれる。なおここの宮司は初代から代々引き継がれ飛鳥の姓を残し87代目だそうです。

 

飛鳥坐神社入口

鳥居の手前にあるのか飛鳥井

 

参道入口の鳥居

 

格式のある社務所

 

絵馬を下げるむすび木

 

本殿への道

 

拝殿と本殿

 

おんだ祭が行われる神楽殿

 

手前は西良殿

 

万葉歌碑

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM