京都歴史探訪23 天台声明が響くのどかな山里その2 大原バス停から音無の滝を目指し

  • 2017.05.14 Sunday
  • 05:45

JUGEMテーマ:写真

 

京都歴史探訪23

天台声明が響くのどかな山里そ2

 

大原バス停から音無の滝を目指し

 

 本コースのスタートは大原バス停より始まります。京都駅から大原行のバスで終点が大原バス停です。所要時間は1時間半ぐらいです。まずは元気のうちにと、大原バス停から歩くだけで30分かかる音無の滝を目指しました。結構きつい坂道で、滝自体は見る価値があるかどうか疑問です。冊子の紹介されていたので初めて見学しました。

まず大原バス停より三千院参道を呂川沿いに三千院表参道まで歩き、そこから三千院を横に見てさらに坂道を登ると、来迎院入口の看板があり、その横に音無の滝まで400mの看板があります。来迎院は帰りのよるとし、音無の滝を目指しました。

音無の滝ですが、良忍の声明を搔き消さないように静かに流れることから名前がついたようです。何の変哲もない滝です。なお滝から流れる水は律川と呂川に分かれているようです。

私はここまで来たことに意義を感じ、滝の風景よりここまでの風景が印象的でした。でもきつかった。

 

大原の里風景

 

呂川沿いの参道風景その1

 

同じく

 

三千院表参道の反対側

老舗の旅館


三千院沿いの上り道

 

来迎院への入り口

音無の滝はここから400mの標識が来迎院前に

 

来迎院を過ぎるとこんな道

 

さらに上ると律川沿いの道に

 

目的地音無の滝

水量の割に静かな滝

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 05:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM