日本神社探訪 個別神社 兵庫県明石市 柿本神社

  • 2016.09.18 Sunday
  • 06:54

JUGEMテーマ:写真

 

日本神社探訪 個別神社

柿本神社

 

所在地 兵庫県明石市人丸町1−25

祭神 柿本人麻呂朝臣

社格 旧県社

本殿の様式 一間社流造銅板葺

創建 (伝)仁和3年(887年)

 

歌聖人と呼ばれる柿本人麻呂を祀る神社

 

 柿本神社は兵庫県明石市人丸町にある神社です。周囲は人丸づくしです、まず町名が、裏山が人丸山、それから近くにある神戸電鉄の駅名が人丸駅です。さらに有名なのが鳥居前に日本標準時間を表す時計塔があります。その時計塔の奥に瀬戸内海が広がり、明石大橋が眺めることが出来る風光明媚な高台の有ります。

ところで柿本人麻呂との関係ですが、隣接する月照寺(旧名揚柳寺)の僧道証が夢の中で柿本人麻呂がこの地にとどまっているのを感得し、寺の裏の古い塚が人丸の塚であることが判明し、その塚の上に人麻呂を祀る祠を建てて寺の鎮守社としたのが始まりで、仁和3年(887年)である。その後人麻呂の死後1000年にあたるとされる享保8年(1723年)に霊元天皇の報奉により正一位の神階”柿本大明神”の神号が宣下されるとともに女房奉書が下賜されたという。

 

鳥居と石標

境内への階段

 

 

正面の神門と奥は社殿

 

 

その社殿

 

 

社殿から見た神門と時計台

 

 

その時計台

 

 

柿本人麻呂の歌碑

 

 

亀の碑

 

 

神門前から瀬戸大橋が

霞んで見えにくかった

 

 

隣接する月照寺

 

 

今日の一枚

歌碑を移したのではなく左下の鉄砲

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM