日本神社探訪 個別神社43 京都 北野天満宮

  • 2016.09.10 Saturday
  • 06:16

JUGEMテーマ:写真

 

日本神社探訪 個別神社43

北野天満宮

 

所在地 京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

祭神 菅原道真公

社格 二十二社(下八社)

本殿の様式 権現造

創建 天歴元年(947年)

 

太宰府天満とともに天神信仰の中心

 

 北野天満宮は京都上京区にある神社で、創建は菅原道真の死後で、20年目に左遷が撤回され官位の復し、天歴元年に現在北野に朝廷によって道真を祀る社殿が造営された。永延元年(987年)に初めて勅発が行われ、一条天皇から"北野天満宮天神”の称が贈られた。

その後衰退するが天正15年(1587年)境内において、豊臣秀吉による"北野大茶湯”が催行された。

太宰府天満宮と同じく宮の皇族使用で一時北野社にその後北野天満宮に昭和になって戻された。神社は今では菅原道真公の学問の神としての色彩が強くなっている。

ところで1月に行われる梅花祭には近くに上七軒の花街がある関係で、芸子達によるお点前が承けられます。

 

第1鳥居のある入口

 

 

梅花祭の日の楼門

入り口まで屋台が

 

 

境内と社殿

左近の梅が見事

 

 

裏から見た本殿と裏神門

 

 

立派な舞殿

 

 

天神さまの使いのうし

 

 

紅白の梅と地主神社

 

 

綺麗どころによるお茶の接待

 

 

裏門

 

 

今日の一枚

北野天満宮で一番好きな枝垂れ梅

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 06:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM