花のある風景7・・・百毫寺の萩の花

  • 2011.08.24 Wednesday
  • 07:57

  本日からは萩の咲く寺として昨日紹介した寺を順次一寺ずつ紹介していきます、まずは関西花の寺の1つ百毫寺です。ここ百毫寺は奈良市の外れの高円山の麓にあり、奈良市内が一望できます。
花の寺だけあっていろいろの花が見られますが、萩と椿は特に有名です。
少し高台にある関係で山門を中心に上下石段が続きます、その両側に萩の花が植えられています。又境内には本堂・御影堂・宝蔵の前に伽藍引き立て役の感じで萩が植えられています。仏像前の花ではないですが、お堂前や周辺に花が植えられている寺を多く見受けます。
花の写真にはクローズアップ写真と風景写真がありますが、クローズアップ写真はバックの色を脇役に使いますが、風景写真は神社仏閣の場合は伽藍を脇役に使います。なぜなら神社仏閣は人に見られることを基本に設計されている、さらに寺を引き立てるために花が植えられています。しかし最近は花が人寄せパンダにしているところもあります。
ところで神社仏閣の花風景は写真(芸術)にはなりません、精精絵葉書写真がベストです。

朝露にぬれた石段を主役に
光の陰影を入れて



萩を主役に石段を脇役に
こちらも光の陰影を入れ、本堂を少し



御影堂をバックに
最近撮影なら御影堂は暈かす



宝蔵をバックに
典型的な絵葉書写真、何が主役




階段に咲いていた彼岸花を主役に
山門越しに萩の花





スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM