大阪歴史探訪その12 環濠の街・平野郷8 大阪の陣の名残を訪ねて

  • 2016.07.06 Wednesday
  • 06:01

JUGEMテーマ:写真

大阪歴史探訪その12 環濠の街・平野郷8

 

大阪の陣の名残を訪ねて

 

 

 本日はレトロな平野中央商店街を抜け、真田幸村が徳川家康が通るであるう道沿いにある地蔵尊に爆弾を仕掛けたといわれる桶ノ尻地蔵を通って、環濠の東端にある平野川までの様子をアップします。ここには江戸時代の初期に徳川秀忠の旗奉行をつとめた安藤正次の墓所があります。さらに豊臣秀吉が大坂城茶会のためわざわざ取り寄せたといわれる“平野黄金の水”と呼ばれる井戸跡があります。

ところで地蔵尊に仕掛けた爆弾ですが、家康が小用で離れた時爆発し、その首は全興寺まで飛んだとされ、その首は今も寺にあるようです。

 

レトロな商店街を抜けるとこの風景

 

 

振り返るとこの風景

 

 

安藤正次の墓所が有った寺

 

その墓所

 

 

樋ノ口地蔵

真田幸村は爆弾を仕掛けた地蔵尊

 

 

樋ノ口門跡

ここだけに門跡の石碑が

 

 

平野黄金水の涌いた井戸

 

 

環濠の東端

前方に見える橋が平野川にかかる橋、このあたりが環濠の東端

 

 

川沿いに進むと25号線

 

 

今日の一枚

 平野川、環濠跡かと思いきやそうではないようです

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.09 Monday
  • 06:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM