日本の庭 京都その80 御香宮神社の庭

  • 2016.03.29 Tuesday
  • 05:44
JUGEMテーマ:

日本の庭 京都その80 御香宮神社の庭
所在地 京都市伏見区桃山御香宮門前町
アクセス JR奈良線桃山駅下車徒歩10分

 御香水の涌く神社



 ここ御香宮神社は初め御諸神社といわれてたが、平安時代の貞観4年(862年)に境内から香りの良い水が湧き出たので、清和天皇より御香宮の名を賜った。その後豊臣秀吉が天正18年(1580年)願文と太刀を献納し、伏見城築城のさい、城中に移し、鬼門の守護神とした。また徳川家康が慶長10年(1605年)に本殿を造営している。
慶應4年(1862年)伏見・鳥羽の戦いには伏見奉行がおかれた。その時の伏見奉行であった小堀遠州が奉行所内に作った庭を奉行所から御香宮に移した。その庭が現在御香宮神社社務所にある“石庭”です。庭にある手水鉢には文明9年(1472年)の名があるそうです


伏見城大手門を移築した山門



紀州徳川頼宜が寄進した拝殿



徳川家康が寄進した本殿



社務所書院から見た庭

手前の手水鉢に文明9年の銘が



反対から見た風景



書院の中から見た庭



石庭と呼ばれる風景



その中心



本殿前の様子



今日の一枚

御香水の取り入れ口




 

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 05:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM