日本の名庭園を尋ねてその34 京都 東福寺方丈庭園

  • 2015.11.27 Friday
  • 06:46
JUGEMテーマ:写真

日本の名庭園を尋ねてその34 明治以降の近代庭園
京都 東福寺方丈庭園

住所 京都府京都市東山区本町15−778
庭園の種類 枯山水庭園
アクセス JRみやこ路線東福寺駅から徒歩10分

永遠のモダンを追求、重森三令の最高傑作



 ここ東福寺は鎌倉時代の臨済宗東福寺派の大本山です。東福寺といえばもみじで有名ですが、東福寺方丈(方丈とは禅宗寺院では僧侶の住居であり、後年には相見の間に)庭園は“八相の庭”となずけられ有名です。八相の庭とは釈迦の生涯の8つの重要な出来事を表す“八相成道”から取ったようです。
ところで東福寺方丈には4つの庭があり、近代の名庭園師重森三令の最高傑作といわれています。さてその庭ですが方丈の東西南北に4つの庭があり、それぞれに作庭のテーマがるようです。
まず一番有名なのが南庭で、仏殿、経蔵を背景に、荒砂を引いたところに左側には立石で四神仙島を、右側には苔山で作った京都五山のある庭です。方丈の廊下の座ってみる風景は心を休めます、さらに荒砂の砂紋が最近三玲の弟子によって創設時の砂紋の造り替えられています。
つぎは私に大好きな北庭の切石と苔で作られた市松模様の庭で、バックの皐月が咲く頃は見事です。そのほか西庭には皐月の刈込みと砂を方形で区切った井田の庭、さらに東庭は柱石で北斗七星を作り、奥に生垣を天の川に見立てた北斗七星の庭があります。

方丈南庭の全景
背景の建屋は仏殿と経蔵



反対から見た南庭の全景
背景は勅使門と庫裏



南庭の京都五山の築山



南庭の立石の四神仙島



方丈北庭の全景



おなじく方丈北庭

先の写真との苔の違いを、雨が降ると青く



方丈東庭の北斗七星の柱石

7つがかろうじて見える



北斗七星の庭と天の川



方丈西庭の風景



同じ風景をさつきが咲いた時

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM