日本の古寺を歩く100選その76 本山修験宗総本山 聖護院

  • 2015.10.20 Tuesday
  • 06:19
JUGEMテーマ:写真

日本の古寺を歩く100選その76 本山修験宗総本山
聖護院

住所 京都府京都市左京区聖護院中町15
開基 増誉
アクセス 京阪本線丸太町駅から徒歩10分

仮の皇居にも使われた長い伝統のある修験道場



 ここ聖護院といえば聖護院大根や聖護院八つ橋で有名で、私は最初聖護院とは地名と思っていた。明治まではお寺のある西側は聖護院村といい、聖護院の森が広がっていたようです。
寺のある場所は平安神宮の真裏で、私は平安神宮の紅い鳥居から歩いたのですが、途中で道に迷い地元の人に聖護院までの道を尋ねたのですが“聖護院に行く人は相当マニアックですね”と冷やかされた。さて寺の歴史ですが、大峰修行を行い修験僧と有名であった増誉大僧正が白河天皇の熊野御幸の先達を勤めた功績でのよって“聖体護持”より2文字を取って聖護院を賜ったのが始まりで地名より寺名が先のようです。江戸時代京都御所が大火になり、光格天皇、孝明天皇が仮御所として使った仮皇居や後水尾天皇作の書院がある。
さて境内ですが、表通りに面して大きな石標(聖護院門跡)のある山門があります。その山門をくぐると正面に書院の見事な玄関があります。右手にある通用門の中は宸殿と本堂があり、狭いながら枯山水の庭になっています。そこから先は予約制で入ることは不可です。ところで聖護院と関係がありかどうかは不明ですが、聖護院の書院玄関わきにある長屋門をくぐると聖護院御殿荘成る古風な宿泊施設があります、京料理がいただけるようです。


大きな石標のある山門



由緒を感じる書院玄関



見事な宸殿



本堂にあたる不動堂



宸殿前の簡素な庭
宸殿前はすべて砂地、歩くところにのみ囲い



御殿荘への長屋門



御殿荘



今日の一枚
ぶら下がっている鐘はなんだろう


 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM