日本の古寺を歩く100選その26 真言宗豊山派岡寺 東光山 龍蓋寺

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 09:00
JUGEMテーマ:写真

日本の古寺を歩く100選その26 真言宗豊山派岡寺 東光山 龍蓋寺
住所 奈良県高市郡明日香村村岡806
開基 義淵僧正
アクセス 近鉄橿原線橿原神宮駅からバス20分

龍も封じる女性の厄除け観音



 ここ岡寺(こちらが本名か)は飛鳥村の中心石舞台から近いところにあり、明日香村の街道筋から寺へは昔ながらの門前町のような古風な民家が続き、そこを抜けると前方に朱色の立派な仁王門が見えます。
寺は天智天皇の勅願によって7世紀の末に建てられて、開基は義淵僧正で、義渕僧正は神の申し子として天智天皇が引き取って、天皇の弟天武天皇の息子草壁皇子とこの地で幼い頃を過ごしている。皇子の早世したので、弔いで建立したのが岡寺です。ところで義淵僧正は東大寺の祖良弁や行基菩薩の師ともいわれる人です。
さて境内ですが桃山時代の様式を残す仁王門をくぐって石段を登ると正面に開山堂と本堂が見えます。その手前に見事な作りの楼門がありますが、裏が書院や庫裏になっているが通用門ではありません。なお本堂にはわが国最古の如意輪観音坐像の塑像が安置されています。
ここ岡寺の見所は本堂前の山に広がるシャクナゲ園があることで、本堂の奥からシャクナゲ園を巡る遊歩道があり、上から見る眼下の境内や遠くに見える明日香の里の風景は見事です。


見事な石標のある仁王門



風雪に耐えた感じのする本堂



楼門のある風景

仁王門と同じ時期に建立、右手は開山堂、左手奥が書院



皐月と境内



稲荷社

奥の院と間違って撮影



三重塔

平成3年の建立、昔は近くの神社にあったようです



シャクナゲ園の遊歩道風景



シャクナゲ園の遊歩道から境内を



おなじく明日香の里を

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 09:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM