日本の古寺を歩く100選その5 華厳宗 子安山 帯解寺

  • 2015.08.02 Sunday
  • 07:24
JUGEMテーマ:写真

日本の古寺を歩く100選 華厳宗 子安山 帯解寺
住所 奈良県奈良市今市町734
開基 勤操大徳
アクセス JRまほろば線帯解駅から徒歩5分



皇室にもかかわりのある日本最古の安産祈願寺



 ここ帯解寺は弘法大師の師であった勤操大師の庵であった。858年文徳天皇が寺に参ったところ、御妃の染殿皇后が後の清和天皇を授かったことから伽藍を建立し、寺号も無事帯が解けたことから帯解寺になったとされている。その後奈良の多の寺がそうであるように、同様に災害にあったが江戸時代徳川家の擁護で再興される。その時再興された本堂裏の収蔵庫には本尊である地蔵菩薩半跏像が安置されている。この像は鎌倉時代のもので寄木細工でつくられている。またこの収蔵庫には徳川家光寄進の誕生釈迦仏や三面六臂の大黒天像もあります。
さて境内は狭いですが、山門、鐘楼、本堂、庫裏や十三重の石塔があります、さらに裏庭には新しい収蔵庫が建てられています。しかしこの帯解寺は安産祈願の参拝者が多く、宮家でも美智子妃殿下、秋篠宮妃も参拝されています。

門前の風景 山門と鐘楼



古刹を感じる山門



こちらも古刹を感じる本堂



由緒ありげな十三重の石塔



本堂に付随する収蔵庫



新設された収蔵庫



小町の宮
石上神社の僧遍照を訪ねた時は必ず立ち寄ったとされる小野小町



本尊に因み境内の片隅にある地蔵尊



庫裏にある安産祈願の受付

腹巻の人形がなまめかしい


 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 07:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM