名城を歩く 岡山城その2 天守のある上の段

  • 2015.05.22 Friday
  • 06:02
JUGEMテーマ:写真
 本日は中の段の散策は後にして、不明門から石段を登ったところが天守のある上の段で.その上の段と天守の様子をアップします。上の段は本段とも呼ばれ城主自身が生活していた建屋がったようです。ここ上の段の見どころは何と言っても天守の優美な姿で、兵器櫓を従え、黒漆の天守は見事です。さらに天守からの眺めも最高で、下を流れる清流旭川、その先に天下の名園後楽園を見る眺望は素晴らしいです。その後楽園の向こうにわが母校もあるのですが。
また上の段には元の天守の基礎石を移設した一角があります、平面で見ると小さな感じがします。その先に昔の勝手門六十一雁木門が復元されています。下の段から登る階段が六十一段であったことから名づけられています。


別名烏城の名を持つ天守



角度を変えて



昔の天守の基礎石と六十一雁木門



天守にある城主の居間



天守からの眺望

金の鯱越しに、旭川、後楽園、わが母校



おなじく天守からの眺望
眼下に岡山県庁



天守から見た月見橋
岡山城と後楽園を結ぶ橋



上の段が城主の住居であった証の庭園



お気に入りの写真

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM