駅からウォーキング 武庫川溪谷を歩く4 トンネルを抜けると様子一変

  • 2014.11.13 Thursday
  • 07:03
JUGEMテーマ:写真
 このコースには大小合わせて、8つのトンネルを通ります、その最初が北山第1トンネルです。地元の人がトンネルの中は暗く、足元も悪いので気を付けてくださいと親切に声をかけてくれました。たしかに枕木と小石の道は歩きにくかったですが、それより1人での歩きは、自分の足音が響くだけのトンネルは気味が悪かった。また懐中電灯は何時も持っていますが、小さいもので自分の足元しか見えず、こちらの方が気味悪さを感じる一因だったと思います。
さて本日の写真はトンネルを抜けると風景が一変しました、対岸には岩肌がむき出しの高い山がせり出し、川幅は広くなりましたが、道の両側は草に覆われて、川側に柵も見えないところが多くなり、一人歩きは心細くなります。
そんな中地元の人が教えてくれた見所は、廃線のレールを柵の使い棒に使っていたのですが、そのレールはアメリカのカーネギースチールのレールでした。当時日本にはレールはなかったそうです。


トンネルの入り口
中の天井にはSLの煙の跡が、中の写真は懐中電灯の灯では撮影できなかった



トンネルの出口
景色が一変する瞬間
前方に見える人はボランチアの草刈りの人,ほっとした瞬間



トンネルを抜けるとこの風景



さらに進むと道はこの状態



川の風景



山の風景



次にこのコースの最も長いトンネルが
この風景の左手の山の中を通ります、10分ぐらい歩きます



柵の使い棒に使われたレール



そこに書かれたカーネギースチールの名前

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • 07:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM