駅からウォーキング 武庫川溪谷を歩く3 北山第1トンネルまで

  • 2014.11.12 Wednesday
  • 06:40
JUGEMテーマ:写真
 まずは北山第1トンネルまでの小手調べの道です、本日はその風景をアップします。鉄板敷きの鉄橋、枕木の残る道、この枕木の残る道は小石が敷かれて結構歩きにくいです。また途中には昔の鉄道の跡を思わせる速度制限の看板が赤錆びのまま残っています、郷愁を誘われます。
この区間で一番印象的だったのは対岸に赤錆びた骨組みの鉄骨が残されていたことです、草刈り中の地元の人がさびしそうに説明してくれた話では、昔ここにダム建設が行われる予定(現在は中断中)であったので、その為のボーリングの鉄骨とか、確かに場所的にはダムには最適なのかも入れない地形です。しかし私にはここを散策後感じたことは世界遺産の自然遺産の方が良いのではと感じました。
ところでこの区間は川幅も狭く渓谷美や水音も聞こえるプロローグの区間です。


鉄板の敷かれた鉄橋
赤錆びの出た看板は後でアップする速度制限の看板



鉄橋の途中で振り返ると
歩きながら写真を撮ると必ず前方ばかりに注意が、帰りを通らない場合は時々振り返ること素敵な被写体も



このあたりは川幅も狭く、流れは急流



上記の風景を縦位置で
対岸の山の岩肌の見える風景は見事



枕木の残る小石だらけの道



対岸のダム建設のボーリング跡



目指す最初のトンネルが



最初に説明した速度制限の看板


 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM