町並みを歩く 京都嵯峨野散策11 落柿舎の遠景

  • 2014.09.30 Tuesday
  • 06:07
JUGEMテーマ:写真
 本日は落柿舎の遠景をアップしてみたいと思います、落柿舎は遠くから見て良さがわかる寺ではないかと思います。ただここ落柿舎は寺かどうか。
さて落柿舎は松尾芭蕉の弟子向井去来の別荘として使用されていた草庵で、昔草庵の周囲に40本近い柿木があったそうです。今は茅葺屋根の庵の前に広場があり、その広場越しに見る風景は垣根越しに庵の茅葺屋根のみが見え、秋には柿の黄色い実がなっている風景は”ワビ・サビ”の世界です。本日は季節折々の写真を

青モミジの落柿舎



紅葉の落柿舎



柿の木と紅葉



百日紅と落柿舎



昔の風景
門前には野菜畑があった、今は更地



落柿舎と反対側にある土佐四天王の像
中山慎太郎、坂本龍馬、武市瑞山、吉村恵太郎が落柿舎を見る


落柿舎の裏にあり去来の墓


 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
      大町阿礼 (09/20)
    • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
      soho (09/16)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM