大人の癒し旅(海辺編)その1 出雲 稲佐の浜その1 大荒れの稲佐能力浜

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 06:34

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(海辺編)その1

出雲 稲佐の浜その1

 

大荒れの稲佐の浜

 

 本日からは大人の癒し旅は海辺編です。まずそのスタートはびっくりする光景に出会った出雲の稲佐の浜からアップします。ここ稲佐の浜は神話の国出雲にある、真っ白な砂浜と美しい海岸線の続く、日本渚100選に登録されている海岸線です。

ところがこの日は晴天に関わらず、風速25mの風が吹き海は大荒れでした。普段は陸続きの弁天島が海の中でした。滅多視ることのできない光景に夢中でシャッターを切りましたが、地元の人からあまり海岸線に近寄らないように言われた。また向かい風で写真機が水しぶきで濡れて早々に撮影は切り上げた。

 

大荒れの稲佐の浜

 

弁天島が海の中

 

登りたかった弁天島

 

沖の防波堤に荒波が

 

海岸線が写せない

 

遠くに見えるはず三瓶山がかすかに

 

防波堤越しに

 

 

大人の癒し旅(野辺編)その7 熊野古道大門坂から那智大滝最終回 車窓から

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 06:52

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その7 

熊野古道大門坂から那智大滝最終回 

 

車窓から

 

 本日はここ熊野古道大門坂には大阪から特急で紀伊勝浦まで来ましたが車窓からの写真がありましたのでアップします。紀伊本線は串本から紀伊勝浦にかけては車窓からの風景が見事です。ところで私はサラリーマン時代は肥満で無呼吸症候群を患っていて、車窓はよく寝ていました。退職後は節制し体重を落としたことで寝ることはなくなった。写真生活をすることになって一人旅では常に車窓風景を見ていた。そんなわけで車窓からの写真はよく撮った。しかし最近は写真の質が悪いためほとんど写さない。写真を見る感度が違ってきたのかもしれない。ただし初めて訪れたところはよく写す、記念のために

 

駅にこんな看板が

 

見事な海岸線

 

その2

 

見事な入り江

 

その2

 

養殖いかだ

 

見事な岩場

 

その2

 

大人の癒し旅(野辺編)その7 熊野古道大門坂から那智大滝その4 那智大滝

  • 2019.07.15 Monday
  • 06:39

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その7

熊野古道大門坂から那智大滝その4

 

那智大滝

 

 本日アップする那智大滝は‟紀伊山地の霊場と参詣道”の世界遺産の一つに数えられています。那智大滝は青岸渡寺からバス停に下っていくとその先にあります。バス停の先に原始林の間を下っていくと、滝をご神体にした飛瀧神社があり、その先が滝つぼです。ただしここは有料です。見学は途中に展望台があります。那智の滝は高さが日本一です。

 

飛瀧神社の全景

 

飛瀧神社

 

ご神体の滝

 

展望台から滝を

 

瀧への道

 

同じく登り

 

石標

 

世界遺産の石標

大人の癒し旅(野辺編)その7 熊野古道大門坂から那智大滝その3 西国33所1番札所‟青岸渡寺”

  • 2019.07.14 Sunday
  • 08:07

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その7

熊野古道大門坂から那智大滝その3

 

西国33所1番札所‟青岸渡寺”

 

 本日アップするのは西国33所の第1番札所‟青岸渡寺”です。青岸渡寺は花山法皇や豊臣秀吉にこよなく愛された寺です。熊野詣の寺としても有名です。JRの旅のパンフフレットにも出てくる赤い三重塔と那智の大滝は有名です。私も大門坂からと那智大滝からの2度訪れています。そのコースは大門坂、熊野那智大社、青岸渡寺、那智大滝を巡るコースです。熊野那智大社とは瑞垣で仕切られた裏道があります。ここ青岸渡寺の見所は那智大滝をバックにした三重塔です。なおここ青岸渡寺には階段途中にある仁王門を通る道があります。

 

階段途中にある仁王門

 

三重塔と那智の大滝

 

縦位置で

 

阿弥陀堂と大滝

阿弥陀堂は一番高い所に

 

青岸渡寺の本堂

 

青岸渡寺の鐘楼

 

青岸渡寺の本堂を横から

 

青岸渡寺から信徒会館を

 

観音様

大人の癒し旅(野辺編)その7 熊野古道大門坂から那智大滝その2 熊野三山那智大社

  • 2019.07.13 Saturday
  • 06:32

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その7

熊野古道大門坂から那智大滝その2

 

熊野三山那智大社

 

 本日アップするのは大門坂の頂上にある熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、。熊野那智大社)のひとつ熊野那智大社です。大門坂を登っていくと昨日アップした土産物屋の前の階段に出ます。その先に鳥居があり、467段の階段を登ると熊野那智大社の境内に出ます。途中に仁王門があるのは青岸渡寺への階段です。

ところで境内には6つの社殿が並び、大きな絵馬が飾られた宝物殿があります。境内は端垣でを挟んで西国33所の札所青岸渡寺があります。青岸渡寺は明日アップします。

 

階段の途中にある大鳥居

 

拝殿と社殿

社殿は左手に並ぶ

 

宝物殿と絵馬

 

信徒会館と大楠

 

下からみた信徒会館

 

上から見た下界

 

瑞垣と社殿

大人の癒し旅(野辺編)その6 熊野街道大門坂から那智の大滝その1 熊野街道大門坂

  • 2019.07.12 Friday
  • 06:37

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その6

熊野街道大門坂から那智の大滝その1

 

熊野街道大門坂

 

 本日アップするのは熊野街道大門坂です。熊野街道の中では最も短く、その雰囲気が味わえるところです。昔の関所跡の入口樹齢800年といわれる杉の間から那智大社まで続く1.3辧40分の上り道です。道は杉木立に囲まれた苔むした石畳の道です。さらに道は昼間でも薄暗い雰囲気のある道です。途中に杉木立間から那智の大滝が見える場所があり、昔都から来た人は涙を流したそうです。ところでここにはJR紀伊勝浦から那智大滝行のバスがあり、ここで途中下車するかこ反対の歩くかできます。私は両方を経験した。

 

大門坂入口

左手は休憩所、杖が置いてある。奥は夫婦杉

 

その夫婦杉

 

熊野古道らしい風景

石畳の苔が今はほどんどない、世界遺産登録で多くに人が

 

多富気王子

熊野古道には至る所に王子がここが最後

 

大楠の跡

 

見事な杉

 

境内への階段

 

大門坂の説明版

大人の癒し旅(野辺編)その6 熊野古道大門坂から那智の滝 プロローグ

  • 2019.07.11 Thursday
  • 06:34

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その6

熊野古道大門坂から那智の滝

 

プロローグ

 

 本日からは冊子では熊野参詣道・伊勢路(馬越峠)が紹介されているが、本ブログは熊野参詣道大門坂から那智の滝と題してアップします。ここ大門坂は熊野古道の一つで、熊野三山の熊野那智大社への最終参詣道です。熊野那智大社に隣接してあるのが西国33所の札所青岸渡寺です。さらに進むと日本一の滝‟那智の滝”があります。

この散策コースは熊野古道を歩いた気分にさせてくれます。本日はそのハイライトを

 

石畳の大門坂

 

熊野那智大社鳥居

 

熊野那智大社本殿

 

青岸渡寺

 

青岸渡寺の三重塔

 

那智権現

 

那智の大滝

 

 

 

 

大人の癒し旅(野辺編)その5 箸墓古墳と山の辺の道最終回 箸墓古墳

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 06:33

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)

箸墓古墳と山の辺の道最終回 

 

箸墓古墳

 

 本日は箸墓古墳と山の辺の道最終回として‟箸墓古墳”をアップします。箸墓古墳は現在では邪馬台国の女王卑弥呼の墓ともいわれる日本最初の巨大前方後円墳です。周辺は纒向遺跡群と呼ばれるところです。古い王朝遺跡が発掘されています、現在発掘調査中で立ち入り禁止の場所がたくさんあります。

ここには桧原わらび花の里からJRまほろば線を過ぎると前方に現われるのが箸墓古墳です。この箸墓古墳は宮内庁では実際の被疑者は明らかではないが、第7代孝霊天皇皇女の‟倭迹迹日百襲姫命”の墓として比定している。古墳の周りには周濠があり、一部は箸中大池と呼ばれている。

 

箸墓古墳の全景

 

休憩所‟工房でんでんむし”

 

休憩所からの箸墓古墳

 

ひみこの庭の翡翠

 

箸中大池と呼ばれる部分

バックに葛城山と大和三山が見えるはずだが

 

箸墓古墳から三輪山を

 

 

 

 

 

 

大人の癒し旅(野辺編)その5 箸墓古墳と山の辺の道その7 桧原わらべの花の里と井寺池

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 06:21

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その5

箸墓古墳と山の辺の道その7

 

 桧原わらべの花の里と井寺池

 

 本日は檜原神社から箸墓古墳を目指した、山の辺の道を離れ、麓にある箸墓古墳に行く途中にある桧原わらべの花の里と寺井池に立ち寄りましたので、その様子をアップします。この両者は道を挟んで左右にあります。まず桧原わらびの花の里ですが、こちらは公園で桜の花が見事なようですが、この日は休日でした。外から見るとご当地ソングの女王水森かおりの記念碑がありました。公園入口には柿本人麻呂の歌碑もあります。また反対側に井寺池は真ん中に中堤があり、上を見ると三輪山が、下を見ると遠くに金剛の山並みが、近くには箸墓古墳が見られます。中堤には記念碑がたくさんあります。川端康成の輝豪や天智天皇の歌の東山魁夷の書などがあります。また池の道沿いには桜の木があり。季節には見事だそうです。

 

桧原わらびの花の里

 

水森かおりのご当地ソングの碑

 

柿本人麻呂の碑

 

井寺池堤の桜

 

井寺池中堤から三輪山

 

井寺池中堤から箸墓古墳

遠くに金剛山山系が見えるはずだが、霞が

 

川端康成の碑

 

東山魁夷の書

 

大人の癒し旅(野辺編)その5 箸墓古墳と山の辺の道その6 元伊勢と呼ばれる桧原神社

  • 2019.07.08 Monday
  • 06:36

JUGEMテーマ:写真

 

大人の癒し旅(野辺編)その5

箸墓古墳と山の辺の道その6

 

元伊勢と呼ばれる檜原神社

 

 本日アップするのは元伊勢と呼ばれる大神神社の摂社檜原神社です。檜原神社は宮中から天照大神を豊鍬入姫命に託して移された地で、天照大神はその後伊勢に写されている。ところで檜原神社には大神神社と同じように山を背景に三ツ鳥居が拝殿としてありますす。また境内から鳥居越し見る、二上山に沈む夕日は幻想的な風景でカメラマンの人気の的ですの。

ところでここには玄賓庵から山道を抜けるとすぐに裏入り口があります。また桧原神社から山の辺の道を離れ山を下ると纒向遺跡群があり、その中に今回の目的地箸墓古墳があります。

 

檜原原神社の正面入り口

ここも注連縄鳥居

 

境内から見た入口

 

入口から見た三ツ鳥居拝殿

 

近くから三ツ鳥居と左手が豊鍬入宮

 

裏入り口

左手の道を迂回すると正面入り口

 

裏入り口から見た境内

 

玄賓庵からの山道

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM