一生に一度は行きたい 京都の寺社100選最終回

  • 2019.12.22 Sunday
  • 07:17

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100最終回

 

 一生に一度いきたい 京都の寺社100選は昨日をもって終了とした。100選の内、下記は未掲載です。

       妙教寺、出世稲荷神社、愛宕神社、藤森神社、六孫王神社、宝鏡寺

 ところで愛宕神社はこの年では山の上で登れないので諦めていたが、他は参拝する予定でしたが時間都合で未掲載となった。というのは最終回が昨日でそれまでに参拝できなかったということです。その中で宝鏡寺に入った撮影禁止で庭園は撮影できなかった。せめて外観だけは撮影したので本日アップする。

 

宝鏡寺の山門

 

宝鏡寺の通り

 

宝鏡寺の人形塚

 

境内の傘

通の前に番傘やが

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その10 宇治上神社

  • 2019.12.21 Saturday
  • 06:17

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その10

宇治上神社

 

 本日アップする宇治上神社は平安後期に造営された神社建築としては日本最古を誇る本殿です。。近くにある宇治神社と昔は一対の神社で宇治離宮明神と呼ばれていたようです。明治維新後、宇治上神社は上社、宇治神社は下社と呼ばれるようになったようです。川向かいにある宇治平等院の鎮守社になっている。

境内には宇治七名水で唯一今でも湧水の出る‟桐原水”がある。

 

冊子の代表写真=拝殿

 

私の代表写真=本殿

 

鳥居と見事な石標

 

山門を中から

 

桧原水

 

摂社春日社

 

宇治神社の鳥居

 

宇治神社の社殿

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その9 城南宮その2

  • 2019.12.20 Friday
  • 06:52

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その9

城南宮その2

 

 本日は昨日アップした城南宮の神苑の風景をアップします。季節季節で別の姿が見られるので、本日はそのハイライト写真を

 

春の山の梅

 

春の山と散り椿

 

平安の庭

 

室町の庭

 

桃山の庭=桜咲くとき

 

桃山の庭=桜の紅葉

 

桃山の庭

 

離宮の庭

 

同じく

 

 一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その9 城南宮

  • 2019.12.19 Thursday
  • 05:55

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その9

城南宮その1

 

 本日アップする城南宮は京都の南、方除け・厄除け祈祷・、車のお祓いの神社として有名です。創建は諸説あるが平安遷都のとき、平安京の南にあることから城南神と呼ばれたのが始まりとされている。

白川上皇、鳥羽上皇が城南宮を囲むように離宮を造営し、城南宮は離宮の鎮守として崇められた。その為承久の乱や鳥羽普須美の戦いの場ともなった。

なお城南宮には楽水園と呼ばれる神苑があり、源氏物語に出てくる80種余りの草木が植栽されている.さらに神苑には春の山、平安の庭。室町の庭、桃山の庭、城南離宮の庭とよばれるとよばれる庭園があります。なお庭園風景は明日アップする

 

冊子の代表写真=社殿

 

私の代表写真=鳥居と拝殿

 

私の好きな構図

 

拝殿

 

神楽殿

 

梅と社殿

 

藤袴と社殿

 

摂社

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その8 石清水八幡宮

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 06:42

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その8

岩清水八幡宮

 

 本日アップする石清水八幡宮は京都を流れる木津川、宇治川、桂川の交流地点にある男山に鎮座する寺社です。寺は八幡宮の総本宮宇佐神宮から勧請し、貞観2年に清和天皇の命で創建された寺社です。

清和天皇の嫡流である源氏一門は八幡大神を氏神として尊崇氏、特に源氏が武家の棟梁になったことにより八幡大神への信仰が拡大した。織田信長や豊臣秀吉も参拝し、さらの徳川家光によって修造された色鮮やかな社殿は見事です。

なお男山にはエジソンが電球のフィラメントに使ったとされる竹藪があります。

 

冊子の代表写真=社殿



私の代表写真=山門

 

自然の石がある参道

 

若宮社と若宮摂社

 

見事な壁

 

裏門

 

男山からの風景

 

ケープルカー

 

エジソン像とモニュメント

 

 

 

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その7 伏見稲荷大社

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 06:17

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その7

伏見稲荷大社

 

 本日アップする伏見稲荷大社は奥社に通じる千本鳥居が外国人観光客に人気の的です。ここ伏見稲荷大社は全国約3万社の稲荷社のの総本宮です。

商売繁盛、金運上昇、企業発展の守り神で、企業経営者や相場関係者がたくさん参拝します。特にその年の初午の日は従業員一同を引き連れてたくさんの人が訪れています。

奥の院の裏山はご神体山の稲荷山で山頂まで3つの峰があり、それぞれ古墳であったようです。奥の院からも山頂まで赤い鳥居は続きます。

 

冊子の代表写真=楼門

 

私の代表写真=鳥居

JR伏見稲荷駅前に立つ鳥居

 

私の好きな構図

鳥居越しの楼門

 

同じく

楼門越しの拝殿

 

社殿

 

奇跡の千本鳥居

 

熊鷹社

 

一の峰にある祠(下の社)

 

三の峰にある祠(上之社)

 

 

 

 

 

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その6 御香宮神社

  • 2019.12.16 Monday
  • 06:55

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その6

御香宮神社

 

 本日アップする御香宮神社は社名の由来になっている銘水‟御香水”が湧き出ることで有名です。徳川家康の子たちはこの水を産湯に用いています。寺の創建は不詳ですが、清和天皇が‟御香宮”の名を賜っている。

寺には伏見城の大手門を移築した表門(出戻りで、元々は御香宮香の門)や紀州徳川家の初代徳川頼宜が寄進した拝殿があります。また社務所には小堀遠州が伏見奉行所に作庭した庭園が移築されています。

 

冊子の代表写真=拝殿の風景

 

私の代表写真=表門

 

拝殿

 

本殿前

 

御香水

 

通りを跨ぐ鳥居

 

社務所の庭園その1

 

社務所の庭園その2

 

絵馬殿

 

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その5 三室戸寺

  • 2019.12.15 Sunday
  • 06:37

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その5

三室戸寺

 

 本日アップする三室戸寺は‟アジサイ寺”と呼ばれるがむしろ花の寺です。5月には2万株ツツジ、1千本のシャクナゲ、6月には1万株のアジサイ、さらに7月にはハスの花、秋には紅葉の名所として有名です。

寺は西国33所の10番札所、770年光仁天皇の勅願で奈良大安寺の僧行表が創建したと伝わる。寺名は最初は御室戸寺であったが、その後3天皇の離宮になったことから三室戸寺になっている。

境内には宇治十帖の一つ‟浮舟の古蹟”がる。

 

冊子の代表写真=本堂

 

私の代表写真=宇賀神像と本堂

 

五重塔

 

参道の門

 

紫陽花園

 

ツツジ園

 

シャクナゲ苑

 

トキワマンサクの花

 

浮舟の古積

 

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南の寺社その4 大黒寺

  • 2019.12.14 Saturday
  • 06:35

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その4

大黒寺

 

 本日アップする大黒寺は薩摩寺ともいわれる、薩摩藩ゆかりの寺です。しかし寺そのものはマイナーの寺です。寺には西郷隆盛と大久保利通が会談した部屋があります。寺名は薩摩藩の守り本尊出世大黒天にちなんで大黒寺と名付けられたようです。

ところで寺には寺田屋事件の九烈士の墓や遺品、また書や歌が保管されています。

 

冊子の代表写真=本堂

 

私の代表写真=通用門から本堂を

 

通用門を反対から

 

門扉に薩摩藩の丸に十が

 

正門

 

墓どころ

 

9烈士の墓

 

丸に十のある祠

一生に一度は行きたい 京都の寺社100選その5 洛南に寺社その3 醍醐寺

  • 2019.12.13 Friday
  • 06:44

JUGEMテーマ:写真

 

一生に一度は行きたい

京都の寺社100選その5

 

洛南の寺社その3

醍醐寺

 

 本日アップする醍醐寺は豊臣秀吉が‟醍醐の花見”を開いたことでも有名な桜の名所です。寺は弘法大師空海の高弟聖宝(理源大師)が開いた寺で、醍醐山全体が境内です。山の山頂にある上醍醐寺は関西33所観音霊場の一つでしたが、本堂である准胝堂が焼失し、今では御朱印は下醍醐観音堂でもらえます。

境内には上醍醐寺を含めて、100余りの堂塔があります。国宝の金堂、さらに国宝で京都市内では最古の木造建築の五重塔もあります。見どころとしては塔頭の三宝院の桜や庭園が見事です。

 

冊子の代表写真=国宝の金堂

 

私の代表写真=国宝の五重塔

 

三宝院の桜

 

三宝院の唐門

 

霊宝館の桜

 

桜と仁王門

 

桜咲く弁天堂

 

青葉の弁天堂

 

在りし日のの准胝堂

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM