大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せ最終回 さかい利昌の杜

  • 2019.04.25 Thursday
  • 08:19

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せ最終回

 

さかい利昌の杜

 

 本日は堺の最終回として、堺が生んだ文化人、千利休、与謝野晶子を紹介する文化施設‟さかい利昌の杜”をアップします。施設には千利休が発展させた茶の湯や与謝野晶子の作品を通して、堺の文化が紹介されています。館内には与謝野晶子の生家や館外には千利休の生家の様子が展示されています。又館内では。茶の湯を楽しむこともできます。

 

利昌の杜の全景

 

施設内の風景

大きな堺の地図

 

与謝野晶子の紹介コーナー

 

与謝野晶子の実家の模型

 

南蛮船の模型

 

千利休の生家跡

 

フェニックス通り

 

電車通りにある与謝野晶子の生家跡

 

環濠の運河

 

 

 

 

大阪まち歩き 堺でまちの宝を探せその9 堺伝統産業会館とザビエル公園

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 06:23

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその9

 

堺伝統産業会館とザビエル公園

 

 本日は妙国寺から西へ、阪堺線を渡るとある堺伝統産業会館と少し南に行くとあるザビエル公園をアップします。両方とも境を代表するところです。まず堺伝統産業会館ですが、堺には堺発の伝統産業がたくさんあります。刃物、線香、和晒、自転車,お菓子等ですが館内に陳列販売がされています。次にアップするのが宣教師フランシスコ・ザビエルを手厚くもてなした豪商日比野了慶の屋敷跡をザビエル来貢00年を記念してザビエル公園です。ザビエル像があるだけの公園です。

 

堺伝統産業会館の全景

 

反対側から

 

会館の内部その1

 

会館の内部その2

 

ザビエル公園入口

 

ザビエルの像

このときは修理中

 

交流の記念碑

 

阪堺電車の通る大路

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその8 蘇鉄の枯山水の庭のある妙国寺

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 06:19

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその8

 

蘇鉄の枯山水の庭のある妙国寺

 

 本日は本願寺から南へすこし行くとある、蘇鉄の枯山水の庭で有名な日蓮宗の寺院妙国寺をアップします。境内には樹齢1000年超問われる大蘇鉄があり、国の天然記念物に指定されています。また境内にはフランス兵を殺傷した土佐藩士が切腹をした場所があります。藩士の墓は向かいの宝泉寺のあります。

 

妙国寺の山門

 

妙国寺裏門

正面が本堂

 

見事な本堂

 

宇賀徳正龍神を祀る徳正殿

 

蘇鉄のある枯山水の庭

建物は休憩所

 

土佐藩士の切腹供養塔

 

土佐藩士の墓のある宝泉寺

 

何か異様な寺

 

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその7 本願寺別院

  • 2019.04.22 Monday
  • 06:40

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその7

 

本願寺別院

 

 本日は山口家住宅から南へはたくさん大寺さんがあります。その中の蓮如上人が創建したといわれる古刹‟本願寺別院”を”アップします。本願寺別院の本堂は1825年(文政8年)の建立で、堺市最大の木造建築です。明治4年の廃藩置県後10年間は堺県庁として本堂が使われています。当時の境県が今の奈良県を含む広大な県だったそうです。10年後には浄土真宗本願寺派へ返還され、府指定の史跡になっている。

 

見事な山門

 

蓮如と親鸞が向き合う本堂

 

横から見た本堂

 

鐘楼越しの本堂

 

蓮如堂

 

御成門

 

本願寺別院会館

 

経堂

 

見事な隅櫓

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその6 堺市立町家歴史館‟山口家住宅”

  • 2019.04.21 Sunday
  • 06:28

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその6

 

堺市立町家歴史館‟山口家住宅”

 

 本日アップするのは旅籠町とは阪堺電車を挟んで東側にある大庄屋の邸宅で、現在は堺市立町家歴史館となっている山口家住宅です。主屋は大坂夏の陣の後に建てられた江戸時代の建屋です。敷地内には安永年間の土蔵や寛政年間の土蔵があります。その他見事な庭も残されています。とくに主屋は当時の伝統的な町家暮らしを感じることのできる見事な建屋です。

 

堺市立町屋歴史館山口家住宅の全景

 

反対側から

 

玄関から見た風景

 

部屋から土間を

 

裏口から玄関を

 

茶室の部屋

 

小さいながら見事な庭

 

土蔵入口

 

土蔵の中

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその5 旧市街旅籠町の古民家

  • 2019.04.20 Saturday
  • 06:44

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその5

 

旧市街旅籠町の古民家

 

 本日アップするのは昨日アップした鉄砲鍛冶屋敷のある一帯を旅籠町と言います。堺は大部分が戦火にあったが、このあたり一帯は戦火をのがれています。特に旧紀州街道の通る北旅籠町一帯には旧家が残っています。その中心にあるのが鳳翔館です。ここは古い民家を改造した休憩所で、堺の歴史や文化が展示されています。ここには与謝野晶子の生家の一部が再現されていますが‟土、日”しか開館されていない。与謝野晶子の歌があります。

 住み江や 和泉の街の 七まちの 鍛冶屋の音きく 菜の花の道

 

町家の休憩所‟鳳翔館”

 

正面から

 

自転車屋の昔の空気入れ

自転車は堺で始まった生産で名物、堺には堺初がたくさんある

 

町家内田家住宅

 

町家と紀州街道の石標

 

阪堺線と紀州街道の石標

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその4 鉄砲鍛冶屋敷と水野鍛錬所

  • 2019.04.19 Friday
  • 06:21

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその4

 

鉄砲鍛冶屋敷と水野鍛錬所

 

 本日アップするのは、堺といえば鉄砲と包丁で有名です。その建屋をアップします。まず鉄砲鍛冶屋敷と堺鉄砲館ですが両方とも予約制で見ることはできなかった。両建屋とも現在人が住んでいます。

次に訪れたのが打ち刃物で有名な水野鍛錬所です。ここではプロの包丁を作っているそうで、鞴のある工房を持っています。また戦後の法隆寺の改修の際‟魔除け鐘”を鍛造して奉納しています。お礼にいただいた言葉‟鍛鐡降魔”が扁額として工房の入口にあります.この文字は高級品には銘板として刻まれている。とくにここ水野鍛錬所の店構えが素晴らしいです。白壁、虫籠窓、大屋根、中二階と昔ながらの造りです。

 

鉄砲鍛冶屋敷の全景

 

反対側から

 

鉄砲館

白壁の建物

 

水野鍛錬所の全景

 

反対側から

 

工房への入口にある扁額

 

お雛様の飾り

少しだけ打刃物の陳列が

 

同じ打刃物商店

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその3 旧市街地の老舗‟薫主堂”

  • 2019.04.18 Thursday
  • 06:30

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその3

 

旧市街地の老舗‟薫主堂”

 

 本日は旧市街地の入口にある老舗の薫主堂をアップします。ここ薫主堂は古い商家の趣を残している。厨子二階で、天井が低く虫籠窓のある建屋です。薫主堂は手作りのお香を作っている店です。堺は貿易港として栄えた町で、朝鮮半島から珍しい香木が輸入できたことからお香の店がたくさんあったようです。ここ薫主堂の主人はマイスターの称号を持っているようです。店には奥さん手作りのによい袋が並んでいました。

 

薫主堂の見事な全景

 

店内様子

 

ご主人の称号

 

店内のお雛様

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその2 河口慧海も学んだ寺子屋

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 06:30

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちのお宝を探せその2

 

河口慧海も学んだ寺子屋

 

 本日アップするのは昨日書きました河口慧海も学んだ寺子屋です。河口慧海は僧侶になって、鎖国していたチベットに入り仏典を日本にもたらした人です。ところで寺子屋ですが、今は堺市立歴史館清学院となっていますが、元々は修験道の道場で、江戸時代の後期から明治初期には清学院の名で寺子屋だった。現在は文化財建物として堺市立町家歴史館として、後のアップする山口家住宅とともに公開されている。内部には寺子屋の歴史や河口慧海の資料が展示されている。また境環濠都市区域のまち歩きの拠点にもなっている。

 

堺市立町家歴史館清学院

 

同じく反対から

 

併設してある不動堂

 

内部の寺子屋の様子

 

坪庭が

 

この時期ひな祭りが

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその1 南海電車本線七道駅周辺

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 06:31

JUGEMテーマ:写真

 

大阪まち歩き 堺で、まちの宝を探せその1

 

南海電車本線七道駅周辺

 

 本章のスタート時点は南海本線七道駅からです。駅周辺には、まず駅前のロータリーには河口慧海の銅像(慧海の説明は明日)があります。ここ七道駅は堺の旧市街地の最寄り駅です。近くには環濠都市の名残を残す場所や堺の象徴鉄胞鍛冶屋敷があります。ロータリーには昔鉄砲鍛冶射的場跡の碑もあります。

ところで七道駅の由来ですが、近くに奈良時代行基が建てたとされる寺高須寺(今はない)に七堂伽藍があった事に由来しているそうです。その高須寺にあった千日井が今も残されています。堺には歴史の町らしい碑や施設があります。

 

南海本線七道駅

 

駅前ロータリーの河口慧海の銅像

 

環濠都市の名残

 

環濠都市の名残の水路

 

環濠都市の地図

 

千日井の風景

 

同じく

 

鉄砲の町らしい柵

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM