河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市最終回 里海公園お気に入風景

  • 2018.10.19 Friday
  • 06:07

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市最終回

 

里海公園お気に入りの風景

 

 本日は広い里海公園を散策した中でアップできなかった、お気に入りの写真を最終回としてアップします。

 

花壇のある風景

森の上の建屋と白いススキ(?)がポイント

 

反対から

ここでも白いススキと風車が

 

瀟洒な建屋

実はトイレ

 

せんなん里海公園の文字が

 

何か不思議な空間

 

海岸線の松林を反対から

 

憩いの場所

 

高台から海を

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その12 潮騒ビバレー場

  • 2018.10.18 Thursday
  • 06:27

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州・歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その12

 

潮騒ビバレー場

 

 本日アップするのはイルカ遊園地の南にある潮騒ビバレー場とよばれるビーチバレー場です。ここ潮騒ビバレー場は3000人収容できる観客席のある国内唯一の常設ビーチバレー競技場です。建物は瓦葺の和風建築で、中にはカフェテリアやトレーニング施設があり、近くには徒歩でこれる宿泊施設もあります。合宿施設として利用されています。関空からも近く、国内・国際の大きな大会の計画を目指しています。

 

遊歩道から見た潮騒ビバレー

 

反対側から

 

観覧席の下

 

競技場内

 

反対側から

 

正面から

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その11 里海公園内の遊園地

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 06:26

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その11

 

里海海公園内の遊園地

 

 本日は里海公園内には海辺だけでなく、大型遊具や小さな遊具がある遊園地がところどころにあります。子供の遊び場になる遊園地です。そのほかバーベキュー広場やうみべの森というビオトープもあり、自然の生態が見られます.とくにカニの生態は有名ですがこの日は台風の影響で立ち入り禁止でした。

そこで本日アップするのは遊園地で、まず一番大きな遊園地で、人工磯浜の陸側にあるイルカ遊園地です。大きな滑り台や2階建ての円木があります。また森の上に有る遊歩道沿いにはタコ遊園地やゾウ遊園地もあります。こちらは子供向けの小さな広場ですが高台のため眺望がよく昼食には良い場所です。

 

メインのイルカ遊園地の全景

 

長い滑り台

 

2階建の円木

 

休憩所

 

シンボルタワー

 

タコ遊園地

 

休憩所

 

ゾウ遊園地

 

休憩所

 

 

 

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その10 里海公園人工磯浜

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 06:31

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その10

 

里海公園人工磯浜

 

 本日は里海公園のぴちぴちビーチの続きにある人工磯浜をアップします。ここは自然を壊すなら徹底的な人工砂浜にしようとのコンセプトで出来た人工砂浜です。大小の岩を敷き詰め、その中にコンクリートの遊歩道を設け、岸辺には木材デッキを造り‟海と丘、水と緑、人工と自然”をコンセプトに作られた人工磯浜です。この日は台風21号の影響か入場禁止でした。

 

人工磯浜の全景

 

遊歩道のある部分

 

遊歩道入り口

 

柵沿いの風景

 

人工砂浜のメイン

 

手前にあるウッドデッキ

 

ウッドデッキからの眺め

 

同じく

 

人工磯浜の陸側にあるレストハウス

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その9 せんなん里海公園ぴちぴちビーチ

  • 2018.10.15 Monday
  • 06:33

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その9

 

せんなん里海公園ぴちぴちビーチ

 

 本日から箱作加茂神社から浜街道を南に歩くと出てくる海岸線せんなん里海公園をアップします。まず最初のアップするのは一番手前にある海水浴場のぴちぴちビーチです。砂浜とコンクリートの歩道と階段に緑の松林のコントラストが見事な海岸線です。前方には関西国際空港が、背景には神戸の六甲の山並みが、さらに左には淡路島の島影が見える。風光明媚なところです。しかし海水浴場は公認の海水浴場でないところを見ると、沖合の防波堤との間は水深が深いように思える。

 

せんなん里海公園入口

 

ぴちぴちビーチ

 

おなじく反対側

 

遊泳場

前方の島影は淡路島

 

海岸線の松並木

 

松並木の中のレストハウス

 

関西空港と六甲の山陰

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その8 箱作‟加茂神社”

  • 2018.10.14 Sunday
  • 07:03

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その8

 

箱作‟加茂神社”

 

 本日アップする箱作‟加茂神社”は南海本線箱作駅から線路沿いに南へ400mぐらい歩くとあります。創建は平安時代初期嵯峨天皇の弘仁4年(813年)、当時の京都加茂神社領の箱作荘(筥造荘)だった時玉依比売命を勧請して奉斎されたといわれている。

鳥居前にある小さな池畔に,箱作の由来が書いた看板があります。境内には新装された本殿と拝殿があります。

 

加茂神社参道

 

神社入口

正面が本殿

 

その拝殿

 

何か不明な立派な建屋

バックの大木が見事、境内には沢山の大木が

 

その大木の一つ

 

戎神社

 

拝殿から見た境内

 

箱作のいわれを書いた碑

 

参道を

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その7 お菊寺として有名な法福寺

  • 2018.10.13 Saturday
  • 06:39

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その7

 

お菊寺として有名な法福寺

 

 本日アップするのはお菊寺と呼ばれる南海本線鳥取ノ荘駅裏にある法福寺です。お菊とは関白豊臣秀次と側室小督(浅い三姉妹の一人で姉は淀君)の間に生まれた子です。父母が秀吉によって罰せられたため、現在の鳥取ノ荘に住む後藤家に養女に出され、嫁いだ先の夫のため大阪の役で間者として働き、その後捕らえられ紀ノ川の河原で処刑された。その墓が後藤家の菩提寺法福寺にある。

 

浜街道の路地奥に

 

風格のある山門

 

狭いながら見事な境内にある本堂

 

同じく母屋

左手が本堂

 

お菊の墓

 

境内のある無縁仏

 

大日堂

 

同じく境内にある鐘楼

 

境内の庭

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その6 波太神社

  • 2018.10.12 Friday
  • 06:18

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その6

 

波太神社

 

 本日アップする波太神社は南海本線鳥取ノ荘駅から東15分ぐらいのところにあり、延喜式神明帖にも載る古刹です。波太神社は織田信長が紀州攻めの時、本陣を置いたところともいわれているいわれ。しかし豊臣秀吉の根来攻めの時、寺は焼失している。その後豊臣秀頼の家臣片桐且元の手で再建されている。なお境内には且元寄進の見事な燈籠があります。

境内には重要文化財に指定されている、波太神社本殿と末社三神社本殿がありますが、前方拝殿で見ることはできません。

 

波太神社入口正面

 

馬場と呼ばれる参道

 

片桐且元寄進の燈籠と境内

 

見事な拝殿

 

拝殿から本殿を

 

見事な絵馬殿

 

絵馬殿の中

 

舞殿

 

雰囲気のある狛犬

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その5 西本願寺尾崎別院(尾崎御坊)

  • 2018.10.11 Thursday
  • 06:26

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その5

 

 西本願寺尾崎別院(尾崎御坊)

 

 本日という相同を阪南市の海側の古刹と海岸線をアップします。まず最初は一番北のある南海電車尾崎駅の駅裏にある西本願寺尾崎別院(尾崎御坊)からです。元は善徳寺という草堂を、慶長3年(1598年)領主桑山正勝の家臣・石田次郎左衛門が改築し、本願寺に寄進して尾崎御坊となった様で、西本願寺の別院の一つだそうです。大阪府下には大阪市の北御堂(津村別院)、堺市の堺別院があります。また御坊の前に道は浜街道(別名考子越街道)と呼ばれ、泉佐野市、田尻町、泉南市、本市の尾崎、箱作を過ぎ、考子峠を越えて和歌山に至り道です。道沿いには古刹がたくさんあります。

 

浜街道と尾崎御坊

 

御坊の通用門

 

通用門から見た境内

左手は会館

 

御影堂

 

正門

 

鐘楼

 

庫裏

 

隅櫓

 

南海本線尾崎駅

階上の駅舎が21号台風で閉鎖、正面が簡易改札口

 

 

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅26 泉州・阪南市その4 子安地蔵尊のある地福寺

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 06:41

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅26

泉州・阪南市その4

 

子安地蔵尊のある地福寺

 

 本日は旧街道のはずれにある子安地蔵尊で有名な地福寺をアップします。創建は不詳ですが、現在の本堂は明治維新に廃寺になった神光寺(波太神社=後述の神宮寺)の本堂を移築したものだそうです。また境内には熊野九十九王子の一つ地蔵堂王子(昔は別のところにあった)があり、子安地蔵尊が祀られている。

ところでここが何より有名なのは地を這うように枝が伸びる枝垂桜があることです。開花時期は見事です。また寺への登る口には旧山中公立小学校の分校の旧舎があり、郷愁をそそります。

 

地福寺の本堂

 

地蔵堂王子

 

葉桜の枝垂桜

 

満開の枝垂桜

 

枝垂桜と本堂

 

見事な枝垂桜

 

階段下から境内を

左手が旧小学校

 

同じ風景を桜咲くとき

 

階段上からの風景

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM