河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅最終回 和歌山市編 和歌山マリーナ‟黒潮市場”

  • 2018.11.24 Saturday
  • 06:39

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅最終回

和歌山編最終回

 

黒潮市場

 

 本日で長かった南大阪ぶらり旅は最終回です。その最終回として和歌山マリーナの中にある黒潮市場をアップします。ここ黒潮市場は手ぶらで行けるバーベキュー場として有名です。市場内で買った新鮮なその場で焼いて食べれるのがウリです。場内は少し狭く、暗いですが、バーべキュ―をするところや食事をするところは場外にあって広々としています。ところで客の大半が外人客で気になります、特にマグロの解体ショーの時間が決められているのでその時間は観光バスがどっと押し寄せます。そんな黒潮市場をアップします。

 

黒潮市場の正面入り口

 

黒潮市場の全景

 

同じく

 

場内のマグロ解体場

 

店屋の並ぶ通り

 

同じく

 

飲食場とバーべキュ-場

 

飲食場を

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その19続 和歌山マリーナ‟ポルトヨーロッパ2”

  • 2018.11.23 Friday
  • 06:08

 

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その19続

 

和歌山マリーナ‟ポルトヨーロッパ2”

 

 本日は昨日アップしたポルト・ヨーロッパの風景の残りの気に入った風景をアップします。

 

家並みその1

 

家並みその2

 

入口その1

 

入口その2

 

入口その3

入口と思いきや2階の窓

 

入口の飾り

 

同じく

 

入口は入口でもお城の入口

 

同じく

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その19 和歌山市マリーナ‟ポルト・ヨーロッパ”1

  • 2018.11.22 Thursday
  • 06:42

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その19

 

和歌山マリーナ‟ポルト・ヨーロッパ”

 

 本日は和歌山マリーナのテーマ・パーク‟ポルト・ヨーロッパ”をアップします。このポルト・ヨーロッパは中世の地中海に港町をモチーフにしたテーマ・パークで、3つのゾーンが楽しめます。その1がフランスの街並み=市役所と裁判所、その2がイタリアの港町‟フィーノ”、その3がスペインの古城からなっている。ところでポルトとはポルトガルの第2の都市で港町ポルトを指すようです。

ところで本日は朝のテレビ小説‟まんぷく”で登場した噴水広場を中心にアップします。

 

噴水広場

 

フランスの町並み

 

イタリアの港町

 

噴水広場のビューポイント

このビューポイントはカメラを置く場所がある

 

同じく

 

まんぷくに出てきた風景

 

運河に架かる橋

 

スペインの城

 

裏側から見ると

ウォーターシュートの出発点

 

ウォータシュートの降り口

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その18 和歌山マリーナシティープロローグ

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 06:25

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その18

 

和歌山マリーナシティープロローグ

 

 本日からは和歌山湾の人口島にある1994年(平成6年)開催された世界リゾートのために作られた和歌山マリーナシティーをアップします。和歌山マリーナシティーの中にはポルトヨーロッパと呼ばれる地中海をイメージしたテ―マパークやホテル、リゾートマンション、黒潮温泉、黒潮市場といった観光施設があります。本日はまずそのプロローグを

 

和歌山マリーナ

バックはリゾートマンションとホテル

 

黒潮温泉の建屋

 

ポルトヨーロッパの風景

 

黒潮市場

 

観光スポット

 

反対はこの風景

 

遊園地

 

遊園地と人工島の間の運河

バックの煙突は和歌山火力発電所

 

同じ運河を渡る幹線道路

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その17続 元紀州徳川家庭園‟養翠園”

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 06:45

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その17続

 

元紀州徳川家庭園‟養翠園”

 

本日アップするのは昨日アップした養翠園の中で特に松の絡む写真を中心にアップします。

 

松と3ツ橋

 

松林と太鼓橋

 

松林と養翠亭

 

松林の道

 

刈込松の道

 

刈込松の林

 

船入り場

藩主はここから入場

 

藩主が通った水軒浜の用水路

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その17 元紀州徳川家庭園‟養翠園”

  • 2018.11.19 Monday
  • 06:47

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その17

 

元紀州徳川家庭園‟養翠園”

 

 本日アップする養翠園は紀州徳川家第10代藩主徳川治宝によって造営された、松を主体とした約33000平米の池泉回遊式の大名庭園です。池は海水を取り入れた汐入の池で全国的にも珍しい庭園です。また庭園には四季折々の花が訪問者を楽しませてくれます。庭園には直線状の3ツ橋がを渡し、背後に天神山と章魚姿山を背景にした見事な造りです。NHK大河ドラマ‟八代将軍吉宗”のロケ地でもあります。なお庭園名は三条実美の孫三条公修の命名です。

写真は明日と2回に分けてアップします。

 

養翠園の入口

 

ベスト風景

章魚姿山と天神山をバックに

 

同じ場所から反対方向

 

池を渡る3ツ橋

 

反対側から3ツ橋を

 

カモの餌場

 

汐入場

 

茶室養翠亭

 

養翠亭からの眺め

 

湊御殿

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その16 和歌浦天満宮

  • 2018.11.18 Sunday
  • 06:19

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その16

 

和歌山天満宮

 

 本日アップする和歌浦天満宮(法人名天満神社)は江戸時代の朱子学者林羅山が太宰府天満宮、京都北野神社とともに由緒ある神社といったことから日本三菅廟といわれ、学業成就や利益満載の神社といわれている。寺は菅原道真が九州下向の際立ち寄ったとされる。

社殿は豊臣秀吉の紀州攻めの兵火で消失するが、浅野幸長の手で天野山の中腹を開墾し、社地を造成し、現在の建屋が再建されたといわれる。青石の階段の先にある楼門は見事で、そこからの和歌浦の眺めは最高です。

 

和歌山天満宮の入口

 

青石階段の見事な風景

 

青石階段の先にある楼門

 

見事な拝殿と本殿

 

楼門から見た眼下

眼下は公園、その先は片男波海岸

 

遠くは和歌山マリナ―と火力発電所

 

眼下の公園

 

同じく

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その15 紀州東照宮

  • 2018.11.17 Saturday
  • 06:48

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その15

 

紀州東照宮

 

 本日アップする紀州東照宮は江戸幕府初代将軍の徳川家康を神格化した東照大権現と紀州藩初代徳川頼宜を神格化した南龍大神を祀る神社です。神社は1612年(元和7年)に徳川頼宜によって南海道の総鎮護として創建され、関西の日光と称されている。

本殿には左甚五郎の極彩色の欄間や狩野探幽の襖絵があります。神社は雑賀山の中腹にあり、眼下には和歌の浦の絶景が広がります。

 

東照宮への登り口

 

急な登り階段

 

登り階段から見える山門

 

山門

 

山門の間から拝殿

 

回廊に囲まれた拝殿

 

衣干したる境内

 

境内から見た山門

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その14 首大仏で有名な無量光寺

  • 2018.11.16 Friday
  • 06:39

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その14

 

首大仏で有名な無量光寺

 

 本日アップする無量光寺は紀州藩第10代徳川治宝の命で、日高郡出身の念仏行者徳本上人が創建した寺です。寺には廃寺となった末寺大福寺の大仏の銅を使って鋳造した首大仏がることで有名です。また境内には徳本上人の手による大名号塔があります。

寺は報恩寺と同じ寺町にあるたくさんの寺の一つです。

 

無量光寺の山門

壁の5線が見事

 

格式のある本堂

 

何か異様な首大仏

 

徳本上人の墓

 

徳本上人の手による大名号塔

 

 

本堂から見た山門

 

見事なお堂

名前が消えて読めなかった

 

こちらも見事な樋受け

 

境内の庭

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その13続 報恩寺徳川家廟所 

  • 2018.11.15 Thursday
  • 06:28

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その13続

 

報恩寺徳川家廟所

 

 本日は昨日の報恩寺日本語ある徳川家の奥方の廟所をアップします。廟所は報恩寺の裏山にあります。裏山は一般の廟所があり、その奥にあります。廟所には廟所を造営した徳川藩二代目徳川光貞の奥方と初代奥方、さらに八代将軍吉宗の奥方の墓を中心に脇に側室や歴代の奥方の墓があります。

 

廟所への参道

 

参道を曲がるとこの風景

 

山門

右手に僅かですが徳川の紋が、後で知ったのでこんな形で

 

山門の中

中央が2代目の奥方、右が吉宗の奥方、左手が初代の奥方

 

左右にあるその他奥方の墓

 

2代目奥方の墓

 

参道を上から

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM