大阪夢の名残、人工島舞洲散策

  • 2014.06.26 Thursday
  • 07:39
JUGEMテーマ:写真
 本日は一昨日書きました大阪市がオリンピックを夢見て建設した人工島舞洲(同じ趣旨で建設した夢洲が舞洲の隣にあります、いまだ更地でカジノ騒動が起こっている)の現在の風景をアップします。
もともとはオリンピックを当て込んでいたので、今でもスポーツ施設がメインで建てられています。舞洲ベースボールスタジャム、舞洲アリーナ、セレッソ大阪の本拠地ヤンマーグランドなどが、しかしここのメインはオーストリアの建築士フォンデルト、ヴァッサ設計の建屋、大阪環境局舞洲工場です。その他プロロジスパーク[複合物流センター)等があります。


大阪市環境局舞洲工場の全景



その一部



大阪市舞洲スラッジセンター



舞洲ベースボールスタジャム



別角度から



舞洲アリーナーの全景



別角度から



緑地センターのオブジェ



阪急の研修センター

大阪の残したい風景・・・中之島に架かる橋(錦橋)

  • 2011.10.19 Wednesday
  • 07:29
 今日が中之島に架かる橋の最終回です、歩行者専用橋の3番目錦橋をアップします。この橋も下は可動堰になっています、ここも昔は可動堰専用だったようです。この歩道には真中に花壇があって両側には錦絵が石に書かれています、ここから錦橋と言われているようです。
さてここも階段状になっていて、北に向かって正面を見るとフェスティバルホールの壁が見えるのですは現在は修復中です。

上流から見た錦橋
水晶橋に似ている



下流から見た錦橋



正面から見た錦橋
正面がフェスティバルホール



錦絵が飾られた花壇



階段状になった橋

大阪の残したい風景13・・・中之島に架かる橋(ガーデンブリッジ)

  • 2011.10.18 Tuesday
  • 06:59
 本日は歩行者専用橋の2番目ガーデンブリッジをアップします、ハイカラな名前が付けられたようにこの橋は戦後架けられた橋です。
両側が階段状になっていて、中央のモニュメントには海外や日本国内の都市の方向が書いてあります。南側から見ると正面に全日空ホテルが見えます、この全日空ホテルの裏側は大阪北新地です。
又この橋の上からは大江橋や大阪市役所、日本銀行大阪支店が一望出来ます、この景観を見るために作られたのでしょうか。
橋の全日空ホテル側の橋の上に昔の橋の風景画が飾られていますが、橋の上にベニヤ板を並べてそこに掲げられています、景観を損ないます。

上流から見たガーデンブリッジ



ガーデンブリッジからっみた大江橋



正面から見たガーデンブリッジと全日空ホテル



橋中央のモニュメント



橋に飾られた昔の風景画


大阪の残したい風景12・・・中之島に架かる橋(水晶橋)

  • 2011.10.17 Monday
  • 07:29

 中之島に架かる橋の内で歩行者専用の橋が4つあります、それが水晶橋、錦橋、ガーデンブリッジ、越中橋です。本日から1づつ写真をアップしますが、越中橋は建設は古いのですが写真的に魅力がないのでカットします。
まず水晶橋ですが、本来は橋ではなかったといわれています、昭和4年に完成した河川浄化を目的した堂島川可動堰で、今では歩行者専用の橋となったようです。
橋の両岸は一方は中之島公会堂、一方は大阪高等裁判所です、この裁判所は今は注目の的です。
水晶橋の由来はわかりませんが、建設目的が可動堰の溜め石造りの豪華な感じの橋です。

奥に見る建屋は大阪市役所と中央公会堂



大阪高等裁判所をバックに



豪華な石造りの橋



橋の上から見る大江橋



橋の上から下流を


大阪の残したい風景11・・・中之島に架かる橋(上船津橋、湊橋その他)

  • 2011.10.14 Friday
  • 08:55
 本日は中之島を縦断する大通り(筋)の最下流上船津橋と湊橋をアップしますが、ここから下流に中之島の先端に橋桁を持つ船津橋、端建蔵橋があります、それらも合わせてアップします。
堂島川に架かる上船津橋と船津橋の間は50mとありません。上船津橋と湊橋は新なにわ筋に架かる橋ですが船津橋と橋建蔵橋は昭和橋を合わせてなにわ筋の迂回路になっていてこちらの方が広い通りです。昭和橋ですが土佐堀川は大川に合流する所で大きく迂回して一部木津川として南へ流れます、そこに架かる橋です。
端建蔵橋から下流を見ると大阪の台所と呼ばれる中央市場が正面に見え、船津橋の北詰目が大阪中央市場の入口に当たります。

上船津橋
高速道路や上水菅(あるいは下水管)が並行する下町



同じく新なにわ筋の土佐堀川に架かる橋 湊橋
上船津橋と同じ風景



下流から見た船津橋と端建蔵橋



昭和橋



大阪中央市場


大阪の残したい風景10・・・中之島に架かる橋(堂島大橋、土佐堀橋)

  • 2011.10.13 Thursday
  • 07:38
 中之島を南北に縦断する大通りの上流から6本目、下流から2本目のあみだ池筋に架かる橋 堂島大橋と土佐堀橋を本日はアップします。
堂島大橋は京阪中之島線の中之島駅の下流にあり、渡辺橋から続く遊歩道の最終地点です。中之島開発の拠点となる一帯にあります、特に玉江橋と堂島大橋の間の両側は観光スッポトにすべく開発されています。昔は不便でしたリーガロイヤルホテルや国際会議場には便利になりましたが集客には至らず遊歩道沿いのテナント施設も未入居が多いようです。
このあたりまで来ると土佐堀川沿いはまだ未開発地区で昔ながらの家並みが並んでいます、橋の撮影も上流や下流の端からの撮影になります。

中之島に架かる橋では珍しい形
橋桁がアーチ型



整備された遊歩道とテナントの建屋
左奥が中之島駅、奥に見えるのが堂島大橋



リーガロイヤルホテルと国際会議場
今でこそ外資系のホテルが幅を利かせているが、昔はここがNO1ホテル




越中橋から見た土佐堀橋
堂島大橋に比べて貧弱、同じ筋の通りに架かる橋とは思えない



土佐堀橋から見た上流
見える橋は歩行者専用の越中橋

大阪の残したい風景9・・・中之島に架かる橋(玉江橋、常安橋)

  • 2011.10.12 Wednesday
  • 07:44
 本日は中之島を横断する大きな通り(筋)の上流から5本目なにわ筋にかかる橋玉江橋、常安橋の写真をアップします。中之島もここぐらい下流に来ると中心部からは少し離れる感じがします。しかし堂島川沿いは次の堂島大橋ぐらいまでは都会的な感じがします。
さて玉江橋は堂島5橋のひとつで堂島開発の一環で架けられた橋で昔は堀江橋と読んでいたそうです。最近は京阪中之島線の開通でここ玉江橋と堂島大橋の間に中之島駅が出来て遊歩道も整備されて開発が進んでいます。
一方常安橋のほうは川沿いには遊歩道もなく、堤防下の一歩離れた筋を歩いて歩かねば成りません、そんな訳で常安橋の風景は次の橋からしか撮影できません。

下流から見た玉江橋
このあたりはまだ都会的であります



上流から見た玉江橋



玉江橋から見た上流の風景
高い3棟の高層ビルは阪大病院跡に建てられたビル



筑前橋から下流の常安橋を見た風景
ここあたりまで開発は進んでいる



常安橋から見た女流風景
常安橋付近まで都会化は進んでいる


大阪の残したい風景8・・・中之島に架かる橋(田蓑橋、筑前橋)

  • 2011.10.11 Tuesday
  • 06:44

 今日は中之島に架かる橋で大通り(筋)でないところで、中之島を横断している自動車道路に架かっている橋をアップします。
このあたり一帯は大名屋敷が立ち並びそれぞれの利便のために架けられた橋のようです、田蓑橋は堂島開発のために造られた橋で昔の大阪にあった八十八島のひとつ田蓑島から採ったとされています.大阪の橋の名前は歌枕や地名から多く採ったとされています。そんなことで土佐堀川に架かる橋の筑前橋は昔少し上流にあった黒田藩の私的橋であった物を架け替えた橋だそうですが小さな橋です。故に筑前橋の全容は移すことが出来なかった。

筑前橋から見た上流風景



同じく筑前橋から見た下流風景



上流から見た田蓑橋



下流から見た田蓑橋



田蓑橋の近くを走る高速道路

大阪の残したい風景7・・・中之島に架かる橋(渡辺橋、肥後橋)

  • 2011.10.10 Monday
  • 10:30
 中之島を縦断する大阪のメインストリートは7つありますが、本日は上流から4つ目に架かる渡辺橋と肥後橋の風景をアップします。
昔はこのあたり一帯はフェスティバルホールを中心芸術の中心地でし、入社間もない頃フェスティバルホールで行われていた労音や労演を見に出かけました。フェスティバルホールでは今でもイベントは行われているようです。
最近はこのあたり一帯を最開発する動きがあり、京阪中之島線が開通し,渡辺橋駅が開設しました。
その関係で川沿いの遊歩道が整備され、商業施設用の建屋も開設されていますが、テナントの集まりが悪いようです、この件先日も新聞に掲載されていました。

下流から見た肥後橋
フェスティバルホールは改装中で




上流から見た肥後橋
昔このあたり肥後藩の屋敷があったそうです



下流から見た渡辺橋
右側が新設された遊歩道



上流から見た渡辺橋



渡辺橋から見た高速道路の姿


大阪の残したい風景6・・・中に島に架かる橋6(淀屋橋)

  • 2011.10.07 Friday
  • 07:06
 中之島に架かる橋の中でメインの橋"淀屋橋"、前に書きましたが大阪には南北にメインの筋が何本かありますが、その中のメインストリート御堂筋の土佐堀川に架かる橋が淀屋橋です。
昔この辺り一帯は大名屋敷が並び米蔵が沢山あって、その米を一手に扱ったのが“淀屋”だそうで、その淀屋が私費で作ったのがこの淀屋橋だそうです。
市電を走らすために橋はコンクリートになっていますが、大江橋とセットで再建したため造りは似ています、同じ立地条件ですが淀屋橋のほうが有名です。

市役所をバックに



淀屋の碑
ここに淀屋だあったそうです,横に石碑があります。



上流から見た淀屋橋
いつ見ても気になる橋詰の屋形船



バラの小道(下流を見て右側)から見た淀屋橋



大正時代に府知事だった林市蔵の像
民生委員の元を作った人、何故府知事の像がここに

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM