神戸よさこいまつり 神戸ハーバーランド

  • 2013.10.05 Saturday
  • 08:34
  本日は神戸よさこいまつりの舞台モザイク館のある一帯を神戸ハーバーランドというようです。その中心が神戸umieのようですが、市かとはわりません。本日はこのハーバーランド一帯の風景をアップします。この一帯にはモザイク館をはじめumieのようなモール、さらにアンパンマンミュージアム、観覧車などの遊戯館等散策には事欠きませんが、さらに建物も独創的な形で写真撮影にはもってこいの場所です。しかし私は神戸ポートタワーには何回か来ていますが、ハーバーランドは初めてです。

モザイク館の入口


モザイク館の建屋


神戸umieの建屋


神戸umieの通り


おしゃれなカフェ


JR神戸駅からハーバーランドへの道
この日は神戸よさこい一色


アンパンマンの像が
近くにアンパンマンミュージアムがる関係か、それにしてもプレスリーの像は何事か


港のはこんなポストが


同じく港に灯台が

神戸よさこいまつりの衣装

  • 2013.10.04 Friday
  • 08:34
  本日は神戸よさこいまつりの衣装をアップします、先日アップした阿波踊りでもそうでしたが、最近の衣装は個性的になってます。阿波踊りでの模様柄の浴衣やプリント模様の浴衣が多くみられます。
よさこいの衣装も上着の法被や半纏もカラフルですし、模様柄も多くみられます。またリバーシブルや二枚重ねのチームもありました、見る人を意識した衣装になっています。さらに肖像権の問題もありますが踊り子の表情は抜群です、何点かアップします。

重ね着の最後
それぞれがカラフルに


編み笠をアクセントに
阿波踊りを意識してか


こちらはバックシャンに


袖にアクセントを


同じく袖に絆のアクセント
今年の踊りの衣装には“絆”の文字が多い、キズナといえば凱旋門賞は今週


衣装といい笑顔といい
カメラマンとしては狙いたくなる


このポーズは絵になる



神戸よさこい

  • 2013.10.03 Thursday
  • 09:01
  本日は夏の風物詩として神戸よさこいまつりの写真をアップします、よさこい祭りは徳島阿波踊りと同じく夏の風物詩として高知よさこい祭りが有名です。特に高知のよさこいは鳴子踊りとしても有名で、最近各地でよさこいまつりが行われています。高知のよさこいまつりにはいろいろルールがあるようですが、よさこい踊りは音楽に合わせて踊るため、よさこい節のメロディーを入れなければならないそうです、また踊るときは必ず鳴子を持って踊るとあります。
よさこいの最大の魅力は若者が創意工夫した衣装で、情熱的に踊る姿です、昨日アップした河内音頭でもよさこい風の衣装、踊りをしていた若者がいました。ところでよさこいとは“夜さり来い”の意味だそうです。
さて神戸よさこいの会場は今回の撮影したハーバーランドモザイク館前や高速神戸駅の地下や高速垂水駅などで行われたようです。

対岸のメリケンパーク
赤いタワーは神戸ポートタワー


よさこいの舞台
バックは神戸オリエンタルホテル


モザイク館からの風景


ステージの風景


オリエンタルホテルの全景


ハーバーランドの象徴観覧車



河内音頭まつりイン八尾久宝寺

  • 2013.10.02 Wednesday
  • 09:06
  本日から少し9月に行われたイベントをアップします、9月から10月にかけてはいろいろのイベントが各地で行われます。そんなイベントに何かないかと被写体を求めて、カメラ片手に行きます。
その中から何点かアップしてみたいと思います、本日は私の住んでいる大阪市八尾が発祥地といわれる河内音頭の風景をあっぷします。大阪八尾市では毎日どこかで河内音頭が踊られています、その最後に行われるのが大阪府八尾市久宝寺緑地公園で行われる河内音頭まつりです。プロの歌い手が生で歌う河内音頭は迫力があります。

会場である久宝寺緑地公園陸上競技場
この日は昼までの雨の影響で人が少ない、また見物客の方が多い、遠くの山並みは生駒山


盆踊りといえば浴衣姿
河内音頭といえど盆踊り、昔は盆踊りといえば浴衣姿で整然と今はよさこい踊りの影響か


櫓の上で生唄を


盆踊りといえばこれも楽しみ


B級グルメもお出まし
たった1日のために


本日の収穫
赤く染まる空


赤く染まる空と浴衣姿の踊り子

京の夏の旅 東山大雲院と祇園閣その2

  • 2013.08.26 Monday
  • 08:41
 本日は東山大雲院祇園閣のその2として、大雲院の見所祇園閣と墓どころの写真をアップします。
祇園閣は昨日も書きましたが大倉喜八郎がいつでも祇園祭が見れるように山鉾を模した建屋を建て
京都市内から見られるようにしたのです。そんなわけでこの三階建ての建屋からは京都市内が一望できます、特に眺めがよいのが八坂の塔を中心にした東山の眺めです。塔の中は敦煌獏高窟を模した絵が描かれていますが、この夏は猛暑でゆっくり見ることはできませんでした。
次ひ墓どころですが織田信長と信忠のほかに、石川五右衛門お墓があります、石川五右衛門の墓からは祇園閣が真上に見られて“絶景かな”と叫んでいることと書かれています。

石川五右衛門の墓から見た祇園閣


祇園閣の入口


祇園閣から八坂の塔


墓どころの入口


織田信長とその子信忠の墓


石川五右衛門の墓




京の夏の旅 東山大雲院の園閣

  • 2013.08.25 Sunday
  • 08:39
  本日は京都の夏の旅として特別公開されている東山にある大雲院祇園閣をアップします。ここ大雲院は正親町天皇の勅命により、貞安上人が織田信長とその子信忠の菩提を弔うために烏丸二条に創建、その後秀吉の京都政策により寺町に移転するも、昭和になり町が繁盛し、現在地の移転する。
もともとここには大倉喜八郎の別邸“真葛荘”があったところで、いつでも祇園祭の山鉾が見られるようにと大雲院の敷地内に3階建の山鉾の形をした建屋を建て、銅板葺の屋根にしたところから金閣、銀閣につぐ銅閣と呼ばれている。

東山“ねねの道”の正面にある祇園閣


ねねの道正面にある門
山門のようですが


こちらにも山門が
中から見た写真、山門は宮家の門を移設したとされているのでこちらが正式か


山門横に立派な鐘楼が
北野天満宮から移設されたといわれている


平安、鎌倉様式の折衷の本堂


今は書院の真葛荘

京都の夏の旅 祇園歌舞練場庭園その2

  • 2013.08.24 Saturday
  • 08:41
 本日は昨日に続き祇園歌舞練場の庭園風景をアップします、昨日は建屋中心でしたが本日は庭園中心にアップします。庭園は昨日も書きましたが八坂倶楽部と歌舞練場別館棟に囲まれた池を中心にした回遊式庭園です。庭園内には茶人であった有楽斉がつっくた国宝の茶室に因んで名づけられた茶室“如庵”があり、庭には大木もある趣のある庭園です。この庭は春の都おどりの時もおどり鑑賞者には解放されています、その時は桜が咲き華やかな庭園に様変わりします。

八坂倶楽部から見た庭園
奥に見えるのは歌舞練場別館


見事な鯉が泳ぐ池


茶室をバックに


同じく


歌舞練場別館をバックに


同じ風景を春に


大きな木の間に歌舞練場本館の屋根


都おどりの衣装
丁度私が見た都おどりの衣装が展示してあった、名前は“平安御所車”

京の夏の旅 祇園甲部歌舞練場庭園その1

  • 2013.08.23 Friday
  • 08:30
 本日から京都市が観光の端境期である夏と冬に、普段は見ることのできない場所を″特別公開”して観光客を誘致しています。今年の夏は7月13日から9月1日まで、今回アップする祇園歌舞練場や大雲院祇園閣をはじめ長谷川家住宅、無鄰菴が公開されています。
本日はその中で祇園甲部歌舞練場をアップします、祇園甲部歌舞練場とは芸妓、舞妓による華やかな舞台が繰り広げられる“都おどり”の会場です。また祇園甲部とは京都の花街で一番大きく格式高い場所です。
その祇園歌舞練場の庭園が今夏特別公開で公開されています、実際は都おどりの時にも見ることはできます。庭園は八坂倶楽部の建屋と歌舞練場別館棟に囲まれたところにあり、昔は織田信長の弟徳川有楽斉の邸宅だったところだそうです。

祇園甲部歌舞練場正面入り口
左手が演舞場


同じ風景を″都おどり”時撮影
正面が歌舞練場入口、右手の建屋が八坂倶楽部


この建屋は何か


同じ建屋を都おどりの時
このときはきっぶ売場、桜が見事


庭園から八坂倶楽部を


同じく歌舞練場の別館を

歌舞練場本館



徳島阿波踊り 追加ベスト写真

  • 2013.08.22 Thursday
  • 08:26
  本日は今日までアップするかどうか迷っていた写真をアップします。この写真は人物のクローズアップ写真で、最近は肖像権の問題が盛んに取りざたされています。しかしこの写真は有名連御皆様方であちらこちらの場所で踊られているのでご容赦願いたい。この写真は演舞場の中で踊っている姿ですが、演舞場の中はことのの猛暑で、見ている我々でも汗だくですが、阿波踊りの基本“笑顔”を忘れることなく、本当に楽しそうに踊っている姿には感動しました、そんなわけでアップを決断しました。

笑顔満点その1


笑顔満点その2


笑顔で答える


真剣そのもの


見事な笑顔

徳島阿波踊り最終回 有名連の工夫された踊り

  • 2013.08.21 Wednesday
  • 07:59
  本日は徳島阿波踊りの最終回として、有名連の工夫された踊りをアップします。なお今回の写真は大部分が有料演舞場の桟敷席からの撮影で、動きのある踊りの撮影と観客席からの撮影でブレやピント外れがあり、アップには少しお叱りがありましたことをお詫びします。また観客席の人が写っていますこともお詫びします、有名連お踊り子は半プロと思いご容赦願います。
され有名連の踊りですが、前は整然と踊っていたように思いますが今回はアップテンポの踊りやマスプロ的な踊りも多く、また提灯や扇子をもった華麗な踊りもあり楽しめました。

うちわの演出天保連


赤い扇子の扇連


独特の踊りやっお連


提灯による群舞阿呆連


女性による群舞のんき連
アップテンポで優雅に踊る、衣装も見事


見事な群像



PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM