京都鳥羽水環境保全センターの藤26

  • 2012.06.05 Tuesday
  • 05:10

  各地の水処理場では豊富な水を使って、各種の花の栽培が盛んです。今まででもアップした京都蹴上浄水場のつつじ、大阪堺浄水場のつつじ、これからアップする大阪堺浅香上水道の紫陽花等があります。本日の京都鳥羽水環境保全センターの藤も見事です。これらの見学は期間限定で行われます、その年の開花状況に合わせて開演されますので当たり外れはあまりありません。
さてここの藤は藤棚が120m近くあり見事な藤のトンネルをなしています、しかしこの藤を写真に修めるのは難しいです、そうでなくとも藤の写真は難しくカーテンとかシャワーとか言われる写し方になります。藤棚を風景写真にはなかなかなりません。

全体風景


長い藤棚のトンネル


こんな棚も




カーテンシャワー状態


奈良春日大社神苑の藤…春の花25

  • 2012.06.04 Monday
  • 07:00
  本日は春日大社から少し下ったところにある春日大社神苑の藤をアップします、ここ神苑は万葉植物園とも言われていて、自然の姿でたくさんお花が植えられています。特に見事なのは椿と藤でいろいろの種類の椿や藤が植えられています。先にアップした岡山和気の藤にはかないませんがここでもたくさんの藤の種類が見られます。
ここ神苑には時々訪れますが、自然の植物観賞にはもってこいの場所です、いつかブログで書きましたが写真を始めるまでは花の名前も花の美しさも知りませんでした、それが写真を始める前に読んだ本福田徳郎“花を心を込めて撮ろう”で初めて花に親しみを覚えました。さらに付け加えれなら同氏が書いた“定年後は写真に凝って仲間をつくろう”が写真生活を始めるきっかけです。

神苑の東入口にある大木


白色の藤


紫色の藤


あやめと共演


大木と共演
このような藤の方が自然


奈良春日大社の藤・・・春の花24

  • 2012.06.03 Sunday
  • 07:21
  本日は奈良春日大社の藤をアップします、ここの藤は藤棚に咲く藤が砂摺りの藤として有名です。
本当に地面に着くぐらい伸びた時は見ていませんが、かなり長く垂れ下がります。この藤棚があるところは無料ですので見ごろは大変な人です、ところでここ春日大社の藤ですが有料の奥殿の回廊越しに見ることのできる自然の藤が見事です、私は藤棚の藤より自然の山藤の方が紫が濃く好きです。
大木と競うように咲く藤は健気で見応えがあります。

朱色の回廊と紫の藤


同じく藤を大きく


大木と競う藤


神殿の朱色と藤の紫


檜葺きの屋根と藤棚




岡山県和気市の藤公園の藤2・・・春の花23

  • 2012.06.02 Saturday
  • 08:29

  本日は岡山県和気市の藤の里公園で見かけた藤の種類をアップします、藤の種類としてはそんなに多くはないようですが、各都道府県の名前の付いた藤の花も多いようです。
たとえば岡山一歳藤、とか野田長藤です、特に有名なのが茨城県笠間市の笠間神宮に名物八重藤です。写真では藤の種類を色で分けてみました。
因みに今年の藤は寒さの影響で早咲き、遅咲きがあるそうですが、一度の同時に咲き見応えがある風景を見せてくれました。


一般的な紫の長藤

少し赤みががった藤


一般的な白藤




普通の藤



茨城県の笠間神社の八重藤



岡山県和気市の藤公園の藤・・・春の花22

  • 2012.06.01 Friday
  • 06:43
  本日からは月も変わり初夏ですが、春の花として最終の藤の花をアップします。藤の花は神社仏閣ではほとんどのところで藤棚を見かけます。それもほとんど砂摺りの藤として珍重されています。
さて今日アップする岡山県和気市にある藤公園では全国沖縄を除く46都道府県、さらに中国からの藤も植えられています。棚藤あり自然の藤ありで見応えのある公園です。

公園入口にある和気神社
歴史上の人物和気清麿が祀られています、狛猪は備前焼(近くに備前焼の里が)です。



入口にある藤の大木



山を背景に



見事な藤棚



藤のある風景

奈良県御所市船宿寺の石南花…春の花21

  • 2012.05.31 Thursday
  • 06:49
  本日は奈良県御所市船宿寺の石南花をアップします、ここ船宿寺もつつじで紹介しましたが花の寺らしくたくさんの花が咲いていました。今日はその中で石南花の花をアップします、先日石南花の花としてアップした奈良県飛鳥の岡寺と同じく裏山にたくさんの石南花が咲いていました。
石南花は低木に咲く花で裏山の雑木林の中に咲いていました、岡寺のように整理されたものでなく雑然と咲いていましたが、その前には鐘楼や像があり写真には絶好の配置でした。


鐘楼と石南花



像と石南花



石南花の道



雑木林の中の石南花



庭の一角にあったクリンソウの畑
少し写真的に







奈良五条市金剛寺の牡丹…春の花20

  • 2012.05.30 Wednesday
  • 07:47
  本日はつつじで紹介した奈良県五條市にある花の寺金剛寺の牡丹をアップします。花の寺だけあって牡丹の咲くころはいろいろの花が咲いています。特にここの牡丹は牡丹か芍薬か見分けがつきません、写真は一応牡丹としてアップします。
金剛寺で見事だったのは初めて聞いた名前でエンノキという花で小さな花が木全体に咲いている姿は見応えがありました。この花をバックに何枚か写真を撮りましたが絵になりました。

牡丹のある風景
手前は石南花では



同じく牡丹のある風景



牡丹のクローズアップ
覆いの簀子の影とバックの花、気に入った一枚



エンノキをバックに



エンノキそのもの





大阪久宝寺公園の芍薬・・・春の花19

  • 2012.05.29 Tuesday
  • 07:33

 本日は牡丹・石南花・芍薬の中で、芍薬の花のある風景をアップします、本日の芍薬は大阪府八尾市の久宝寺公園にある芍薬の苑の風景をアップします。
昨日も書きましたが、芍薬は牡丹に似ていますが芍薬は木ではありません。ゆえに冬になると根を残して上部はすべて枯れてしまいます、次の年に茎が出て花をつけます。ここ久宝寺公園の芍薬も5年ぐらい前に植え替えられて今では見事な花を咲かせています


芍薬園の全景



芍薬の花



花のクローズアップ



園内の風景



同じく園内の風景

奈良岡寺の石南花・・・春の花18

  • 2012.05.28 Monday
  • 08:24
 ここ岡寺は奈良明日香にある石舞台の近くにあるお寺で西国33か所の一つです、裏山が見事な石南花の林になっています。
ここで牡丹、石南花、芍薬の違いですが、牡丹と石南花は低木ですが、芍薬は木ではないそうです。牡丹と石南花は花が違いますが、牡丹と芍薬は花は似ています、私はこんな見分け方をしています。
石南花は低木にたくさんお花をつけているので自然の中に咲く姿はきれいです。

見事な本堂



裏山の石南花ロード



石南花のある風景



同じく石南花のある風景



お地蔵さんと



気に入った風景



京都乙訓寺の牡丹・・・春の花17

  • 2012.05.27 Sunday
  • 07:08
 ここ乙訓寺は京都長岡京市にあります、阪急長岡天神駅から徒歩15分ぐらいのところにある牡丹で有名な寺です。ここを訪れるのは長岡天神のつつじの撮影のついでに行きます、長岡天神まではここから15分位のところです。それ故ここ乙訓寺の牡丹の見事な時には出会っていません。
しかし牡丹の咲く境内は見応えのある風景があります、多重塔や地蔵塔があり、庭にはいろいろの花木が植えられています。写真撮影のバックには事欠きません。

ベストショット
多重塔と地蔵塔を入れて



鐘楼と牡丹



本堂と牡丹



見事な牡丹



花木と牡丹




PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM