町並みを歩く 京都嵯峨野散策3 渡月橋から亀山公園

  • 2014.09.23 Tuesday
  • 08:53
JUGEMテーマ:写真
 本日は渡月橋から桂川沿いを亀山公園までの風景をアップします、桂川は渡月橋から上流は保津川と呼ばれているようです。保津川下りは有名ですが、桂川下りとは言いません。
普段はこのコースは通りませんが、今回は亀山公園の合歓の花を撮影したく、またトロッコ電車の嵐山駅の風景を撮影するために選びました。渡月橋を渡り桂川沿いの進むと亀山公園の標識があり、小高い丘の上に登ると亀山公園です。ここからの保津川の眺めは見事です。
ここでは桂川の風景をメインにアップしますが、堰堤にある発電所は見逃さないことです、また堰堤の近くの道の反対側にある料亭吉兆の風景も絵にはなります。桂川の風景では保津川下りの船の写真も絵になります。


堰堤と発電所
一番手前にところが発電所、渡月橋のライトアップに使用しているそうです



陸に上がったカッパ
保津川下りの船が引き上げられている,この日は大雨の跡でした



渡月橋のライトアップ

こんな風景もあります



ボートとライトアップ



料亭吉兆の紅葉



亀山公園への道
少し登り道です、本来はこの辺に合歓があるはずが



亀山公園の風景
何もありません、桜の季節が良いようです



亀山公園からの眺め

手前が合歓の木、花には少し早すぎた






 

町並みを歩く 京都嵯峨野散策2 阪急嵐山から渡月橋まで

  • 2014.09.22 Monday
  • 07:02
JUGEMテーマ:写真
 本日の京都嵯峨野散策は歩き初めの阪急嵐山駅から渡月橋までの見所をアップします、写真は今回の散策だけでなく今まで散策した中からピックアップしました。今回は散策コースの見所を紹介しながら写真をアップします。
まず阪急嵐山駅ですが、最近は駅前広場からタクシーが排除され、風景を一変しました。次の撮影ポイントは嵐山公園のある中の島にかかる中の島橋の風景です、中の島橋から上流の嵐山の風景はいつ来ても絵になります。また中の島橋も写真にはなります。
次に嵐山公園では嵐山の風景で、特に紅葉風景は見事です。私はここ嵐山公園からは桂川に群れ飛ぶカモメ(?)の風景が好きです。さらにここでのビューポイントは対岸にある銀杏の紅葉時の風景です。それでは写真を


阪急嵐山駅前の風景
以前の騒々しさはなく、京都らしい風景



京都らしい雰囲気のある中の島橋
まずはここで記念撮影を



中の島橋から嵐山を



カモメ群れ飛ぶ風景



私がお気に入りの風景
銀杏の紅葉は少し早い、これは時雨の跡



渡月橋撮影のベストポジション
大雨の跡の風景



行儀の良い欧米人
アジア人は最低

町並みを歩く 京都嵯峨野散策1 イントロ

  • 2014.09.21 Sunday
  • 07:04
JUGEMテーマ:写真

 本日からは京都嵯峨野散策の様子をアップします、伝建地区の嵯峨野鳥居本の町並みを撮影に出かけた時歩いた嵯峨野の風景をアップします。いつもは嵯峨野散策といえば嵯峨野に点在する名刹の撮影が主ですが、今回は散策路の風景を中心に撮影しましたのでそれをアップします。
さて嵯峨野散策といえば大阪から阪急電車の桂駅で阪急嵐山線に乗り換え、終点の阪急嵐山駅まで来て、そこから歩きます。そのルートは大体阪急嵐山駅→嵐山中之島→渡月橋→亀山公園→トロッコ電車嵐山駅→大河内山荘・竹林の小道→小倉池→常寂光寺前→二尊院門前→祇王寺門前→嵯峨野鳥居本と進み、帰りは化野念仏寺→清凉寺門前→落柿舎門前→野々宮神社門前→天龍寺門前→宝厳寺門前→渡月橋と散策しました。本日はこの散策コースにある寺のベスト風景(私が撮った写真の)をアップします。


今回の散策コースの地図
赤線が私が歩いたコースです



大河内山荘



二尊院



常寂光寺



祇王寺



化野念仏寺



清凉寺



天龍寺



宝厳寺

町並みを歩く 和歌山市加太最終回 友が島散策

  • 2014.09.20 Saturday
  • 06:24
JUGEMテーマ:写真
 本日は和歌山市加太を歩くの最終回として、友が島散策の風景をアップします。友が島散策と書きましたが昨日アップした地図を見ていただければわかる通り歩いたところが少しです。歩いたところが少ないのは時間のせいにしていますが、夏の暑さと登り勾配の道で体力のなさを痛感した。
本日歩く予定は友が島灯台から最大の砲台跡第3砲台跡を目指したが友が島灯台で引返すことになった。まず野奈浦桟橋から昨日アップした民宿“海の家”までは海岸線の平地を歩きますが、海の家からは登り勾配の山道で海岸線より少し高いところを歩きます。このあたりは楽ですぐの下りに入り、昔海水浴場があった場所が真下に見え、その先の第2砲台跡が見えます。海岸線に降りると昔民宿の跡の廃屋があります、そこからの風景は目を見張ります、廃屋の前は蛇ケ池という蛇の出そうな池があり、その向こうには島の反対側が見えます、さらに右手の山の上には友が島灯台が、左手の山には大きな鷹(と思う)が何匹も舞っていました。目の前には第2砲台跡が見える絶好の位置に民宿はあったようですが海岸線が石ころだらけでは

山道から昔の海水浴場を
赤い家が廃屋となった民宿、奥の煉瓦の建屋だ第2砲台跡



廃屋の民宿前の海岸線



廃屋の前にある蛇ケ池
奥に見えるのが島の反対側にある孝助松海岸



廃屋の右手に見える友が島灯台
結構きつい登りです



左手の山には大鷹は舞っていた



第2砲台跡
厳重な囲いでこの写真が限界



同じ風景をちょっと



友が島灯台
日本八番目にできた洋式灯台



灯台下にある第1砲台跡



日本標準時子午線のある広場から
この風景に見とれて、広場を写すのを忘れた。この漁船は何をしているのか、長い間この状態が

町並みを歩く 和歌山市加太 友が島野奈浦桟橋付近

  • 2014.09.19 Friday
  • 07:00
JUGEMテーマ:写真

 本日は友が島の野奈浦桟橋付近の風景をアップします、この桟橋付近は本来なら白砂青松の風景といいたいところですが海岸線が砂浜でなく小石の浜でした。沖合に淡路島を望む場所で、間が紀淡海峡ということで砂がなくなったのでは。
さて友が島のハイキングコースですが、1つは桟橋から北にある虎島周遊するコースで6.13時間30分のコースで、もう1つは南の友が島灯台から丘の上ある第3砲台(一番スケールが大きい)を巡るコースで3.3km2時間30分コースがあります。
私は滞在時間の関係で南コースを選びましたが、島に着いてみたら山が結構高く周回するのはあきらめて灯台を見て引返しました。そんな関係で桟橋付近の滞在時間が長く素敵な写真を撮ることが出来ました。


友が島全景
友が島は4つの島 沖ノ島、池ノ島、虎島、神島から成っている、メインは沖ノ島、赤線が私が歩いたコース暑くてこれが精いっぱいでした



友が島野奈浦桟橋
観光船とバックに虎島を



桟橋にある広場
松林が見事です



小石が多い海岸線



2軒あるうちの1軒の民宿



松越しに見える漁船



沖行く船を眺める親子



桟橋と夏雲



波打ち際で遊ぶ姉妹



松越しの桟橋
この景色が白砂青松なら

町並みを歩く 和歌山市加太7 友が島へ

  • 2014.09.18 Thursday
  • 06:28
JUGEMテーマ:写真
 本日より友が島散策の様子をアップします、友が島へは加太漁港より1日4往復の観光船が出ています。地元の人が言っていたのですが、最近はなぜか観光客が増えたと、そういえば旅行会社がツアーも企画しています。
さて友が島がなぜ有名になったかですが、島には海水浴場もありますが、主は緑深い照葉樹林が道まで覆った、木陰の道をハイキングできることです。道筋には様々な植物や磯の生き物が見られ、また虎島には役行者の修験道もありますとパンフレットには書いていまっす。しかし一番の見所は明治時代から終戦まで使われていた大阪湾防衛要塞の砲台跡です、第1砲台跡から第5砲台跡まであります。島は無人島ですが、民宿が2軒あります。本日は観光船からの風景を


赤灯台と呼ばれる湾内の灯台



加太波止場の風景



地の島の風景



沖ノ島の風景
この島が友が島のメイン



沖ノ島の先端にある虎島



沖ノ島の絶景
紀淡海峡の流れも速い



北波止場
のんびりと釣りを楽しむ人



帰りに見た加太波止場



 

町並みを歩く 和歌山市加太6 あわしま街道の風景

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 06:52
JUGEMテーマ:写真
 本日は淡嶋神社の参道である“あわしま街道”の風景をアップします、先に県道から集落の間を通る風景はアップしましたが本日は堤川沿いに続く淡嶋神社への道沿いの風景をアップします。
この通りには昔は漁師宿か、淡嶋神社への参拝者相手の旅籠や土産物屋であった建屋が並んでいます。また参拝客のためかどうかはわかりませんが街道沿いには大師堂、観音堂、行者堂と古いお堂があります、特に行者堂は200段近い階段を登る高台にあり、夕日の名所となっています、もともと加太は夕日の名所でもあります。さらに昼間でもここ行者堂から景色が素晴らしいです


街道筋の町並み



観音堂



行者堂への階段



行者堂



行者堂からの眺め



古井戸と地蔵堂
ここ加太には7つの井戸があったそうで、役行者が見つけたそうです、現存しているのはここだけ



屋根が見事な古い民家


 

町並みを歩く 和歌山市加太5 淡嶋神社

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 05:52
JUGEMテーマ:写真
  ここ淡嶋神社は加太の名所のひとつです、昔から有名であったように思います。県道沿いにある道標にも“左あわしま道”の文字が、また集落の中の道にもあわしま道の道標がります。場所は加太漁港の長い突堤の山側にあります。
寺伝では古く神功皇后が友が島に建てたのを現在地に移設したとあるようです。現在では淡嶋神社は全国にある淡島神社、粟島神社、淡路神社の総本社といわれています。
今では2月8日の針祭や3月3日のひな流しは全国的に有名ですが、寺には全国から奉納された2万体を超えるといわれる無数の人形が飾られている様子は不気味であるが滑稽です。
さらにここの名物は参道に並ぶ漁師料理の店で食べる魚料理は美味です、とれたての魚がいただけます。

赤い鳥居と漁師料理の店



淡嶋神社本殿
本殿の廻りは人形だらけ、しかし整然と並んでいる、本殿回廊にも人形が



その風景1



同じ風景を上から写す
怖さを感じる



本殿のなかにも



狸の置物
奥に見える石が見もの不気味



七福神の置物1



招き猫の置物


寿老人の置物


福禄寿の置物



福禄寿の置物

町並みを歩く 和歌山市加太漁港4 加太漁港 

  • 2014.09.15 Monday
  • 06:28
JUGEMテーマ:写真
 本日は加太漁港の様子をアップします、但し昨日書きましたが加太漁港は2重というか、2つというかわかりませんが、昨日書きました北漁港(私がつけた名前のようです)とその外に北漁港を囲むようにさらに漁港(私は勝手に南漁港としている)というか湾があります。どちらにもたくさんの船が停泊しています、この南漁港の南側は長い大きな突堤があります。その付け根にセリが行われる市場があり、また隣には活魚センターがあり新鮮な魚を買うこともできます。
なお北漁港には友が島行きの観光船の発着場もあります、この船夏場は5往復ありますが、普段は3往復です。夏場は人出も多く積み残しも発生するようです。


加太漁港



南漁港と北漁港の間の突堤



友が島行きの観光船の発着場



活魚センターの様子



南漁港突堤からの友が島
大きい方が沖ノ島と小さい方が虎島



おなじく
虎島と地の島



ちょっとシャッターを


 

町並みを歩く 和歌山市加太3 海岸線を歩く

  • 2014.09.14 Sunday
  • 06:05
JUGEMテーマ:写真
 本日は加太の町を流れる堤川の河口にある加太漁港から北に広がる海岸線からの風景をアップします。この海岸線からの風景では前方に広がる紀淡海峡に浮かぶ友が島の風景は絵になります。また海岸線からさらに北を望むと山の上には国民宿舎が、海岸線は城ノ崎海岸が広がります。また海岸線にある海水浴場から眺める加太漁港の風景も、この日は沢山の漁船が停泊していて絵になりました。
なお加太漁港は北漁港と南漁港があり北漁港を包むように南漁港があります、それぞれの突堤には赤い灯台があります。本日は北漁港とその北に広がる風景をアップします。なお昨日アップの阿弥陀寺から堤川沿いの河口まで並ぶ古い街並みもみごとですのでアップします。


加太海水浴場からの友が島
友が島は4つの島から成ります。船は友が島行きの観光船、手前に釣り人は絶好の点景、沖の霞むは淡路島



海水浴場から見た加太漁港
橋は堤川のかかる加太大橋



加太漁港からから見た国民宿舎のある高台



加太漁港



堤川河畔の町並み



おなじく



前の写真の橋から見た加太大橋



タコツボが並ぶ加太漁港



海岸線に干された天草(寒天の元)

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM