河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編13 紀州徳川家菩提寺‟報恩寺”

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 06:41

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その13

 

紀州徳川家菩提寺‟報恩寺”

 

 本日アップするのは紀州徳川家菩提寺の報恩寺です。菩提寺と言っても廟所には歴代藩主の奥方様の墓だけです。藩主である殿方の墓は海南市にあります。徳川家の廟所として東京上野の寛永寺や東京芝の増上寺を見ましたが、簡素ですがこれらに劣らぬ立派さです。

寺自身は数奇な運命をたどっている。明治維新の廃仏毀釈で全山廃却に、また和歌山空襲で本堂が焼失、今の本堂はコンクリート製ですが立派です。本堂前の庭も狭いながら見事です。さらに今は開かずの御成門も残されています。寺は和歌山城から南の寺町にあります。なお徳川家廟所は明日アップ。

 

報恩寺山門

 

山門をくぐるとこの風景

見事な参道

 

その参道を

正面は御成門、しかし開かずの門

 

脇門(通用門)から境内に

 

コンクリート製の本堂

 

横から見ると立派

 

鐘楼

 

御成門を

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その12 和歌山城その2

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 06:36

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その12

 

和歌山城その2

 

 本日は和歌山城公園の風景をアップします。公園の中には二の丸跡にある二の丸公園と西の丸跡にある西の丸公園があります。両公園の間には、昔の二の丸から西の丸に行くための渡り廊下‟御橋廊下”が残されています。西の丸庭園は昔から二の丸に住む人の憩いの場であったようです。

 

二の丸庭園の見事な楠

 

同じく

 

二の丸庭園から見た天守

 

西の丸庭園の入口

 

庭園内の風景

 

庭園内の風景その2

 

二の丸からの渡り廊下

 

庭園の外から見た渡り廊下

 

同じところから天守を

 

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その11 和歌山城その2

  • 2018.11.12 Monday
  • 06:10

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28 

和歌山市編その11

 

和歌山城その2

 

 本日は和歌山城のすごさを表す、門(大手門・岡田門・追廻門)や本丸への登り道(表登り口、裏登り口、新裏登り口)、さらに石垣の見事さをアップします。

 

大手門と一の橋

 

その一の橋

 

中から見た大手門

 

裏門の岡田門

一番豪華

 

中から見た岡田門

 

脇門にあたる追廻門

 

中から見た追廻門

大手門と同じ

 

表登場口

この日は工事中

 

裏登場口

 

新裏登場口

 

至る所にある石垣の迷路

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山住編その10 和歌山城その1

  • 2018.11.11 Sunday
  • 06:10

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その10

 

和歌山城その1

 

 本日からアップするのは紀州徳川家の遺構です。そのスタートは和歌山城です。和歌山城は徳川御三家の一つ紀州徳川家の居城です.1619年徳川家康の十男徳川頼宜が55万5千石で入城し、南海の鎮になる御三家の徳川家が成立している。持参金銀千貫で城の改修、城下町の拡大するを開始している。一時は謀反の嫌疑をかけられている。なお現在の城は当時の4分気箸。今の城は本丸と二の丸が和歌山城公園に、三の丸は和歌山市の官庁街のなっている。本日はそんな和歌山城の本丸をアップします。

 

和歌山城の城内図

 

本丸広場

 

天守閣入り口

 

天守閣

 

天守閣入り口から

 

天守閣屋上から

眼下は和歌山市役所

 

和歌山城の犬走

 

犬走のある脱出口

 

石落としと見事な石垣

 

本丸広場にある毬と殿様の碑

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その9 玉津島神社と妹背山

  • 2018.11.10 Saturday
  • 07:07

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その9

 

玉津島神社と妹背山

 

 本日アップするのは不老橋を出たところにある、和歌のふるさとといわれる玉津島神社と道を挟んである妹背山です。その妹背山があるのは小さな島で、島に渡るには三断橋という和歌山県では最古の石橋を渡ります。妹背山の中腹には徳川家の手による多宝塔があり、また海辺には観海閣があります。玉津島神社は和歌の神様を祀る神社で句碑がたくさんあります。その中の一つに松尾芭蕉の句が。

          "行く春を 和歌の浦にて 追付たり”

 

妹背山に架かる三断橋

 

三断橋と妹背山

 

玉津島神社の鳥居

 

玉津島神社の拝殿

 

和歌を祀る神社らしい歌碑

 

古刹らしい風景

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その8 和歌の浦片男波海岸

  • 2018.11.09 Friday
  • 06:22

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その8

 

和歌の浦片男波海岸

 

 本日アップするのは紀三井寺から見えた和歌の浦片男波海岸です。海岸線は海水浴場にもなっています。海岸線の反対側は昔山部赤人が詠んだ‟わかの浦 潮満ちれば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴鳴き渡る”という干潟です。片男波公園に入るには不老橋を渡ります。この橋は紀州藩第10代徳川治宝が東照宮御旅所の移築のため架けられた橋とのことです。

 

運河沿いから見た不老橋

 

近づくと

 

正面から

 

満潮時の干潟

 

片男波海岸

 

同じく

遠くは海南の火力発電所

 

その火力発電所を

 

この日は満月

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その7 紀三井寺

  • 2018.11.08 Thursday
  • 06:45

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その7

 

紀三井寺

 

 本日アップする紀三井寺は正式名を紀三井山金剛宝寺護国院といい、西国三十三所2番札所です。境内に湧き三名水(吉祥水、清浄水、揚柳水)があることから紀三井寺の名がついています。JR紀三井寺駅から10分ほどで、境内入り口の楼門に着きます。そこから231段の階段の先が中心部で、階段正面が六角堂、右手が新仏殿、左手が本堂、鐘楼、大師堂で、一段高い所に多宝塔、開山堂があります。境内は桜の名所で有名です。また境内からの眼下に見える和歌浦の風景は見事です。

 

見事な石標のある入口と楼門

 

その見事な楼門

 

楼門から続く長い急階段

 

階段途中にある紀三井水

 

桜咲く境内と本堂

 

西国三十三所のお馴染みの本堂

大きな提灯

 

桜の中の多宝塔

 

新仏殿

 

境内からの眺め

 

桜咲くとき

 

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その6 雑賀埼漁港

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 08:03

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その6

 

雑賀埼漁港

 

 本日アップする雑賀埼漁港は私の好きなイタリアのアルモフィの日本版といわれる風景が広がります。漁港の裏山斜面に小さな家並みが並ぶ姿はアルモフィそっくりで、木造とレンガ造りに違いがあり、色合いも違いますが風景は似ています。番所庭園から反対側の斜面に広がる風景です。港へは狭い階段道を下ると港です。その狭い階段道には港町らしい猫の姿が見られます。

 

日本のアルモフィ

 

漁港風景

 

同じく

 

家並みの間の狭い階段道

 

漁港らしい風景

 

漁港をまたぐ橋

 

港の出口

 

新和歌の浦の地図

昔は栄えたが、今は衰退

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その5 雑賀崎番所庭園 

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 06:44

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その5

 

雑賀崎番所庭園

 

 本日アップする番所庭園は和歌山市雑賀崎の番所の鼻といわれる岬にあります。ここにはJR和歌山駅から雑賀崎行のバスで30分、下車徒歩15ほどかかります。昔この岬に江戸時代より紀州藩の番見張り番所が置かれていた場所であったことから番所の鼻といわれていた。紀伊水道に浮かぶ大島、中ノ島、双子島を望む景勝地です。和歌山万葉巡りの1コースにもなっている。松と公園の芝生が青い海に映え、また四季折々の花が咲くさまは見事です。左手山の上には雑賀埼灯台も見えます。

 

番所庭園の略図

 

手前から見た風景

 

奥から見た風景

 

沖に浮かぶ大島と中の島

 

上から見ると島は3つ

中の島の陰に双子島が

 

番所庭園から見た雑賀埼灯台

 

灯台から見た番所庭園

 

庭園下の岩場

 

休憩所

 

見事な眺め

 

河内・泉州歴史探訪 南大阪ぶらり旅28 和歌山市編その4 友ヶ島(沖ノ島)の風景

  • 2018.11.05 Monday
  • 06:37

JUGEMテーマ:写真

 

河内・泉州歴史探訪

南大阪ぶらり旅28

和歌山市編その4

 

友ヶ島(沖ノ島)の風景

 

 本日は実写版ラピュタの島といわれる友ヶ島(沖ノ島)をアップします。無人島と書かれているが宿泊施設や食堂もあります。また海水浴施設はキャンプ施設もある観光地です。特に人気のあるのが島を一周するハイキングコースです。西、中、東と3コースあります。私は西コースをまわりましたが、途中の海沿いの道は松林ありキャンプ場あり、宿泊施設あり、その先に砲台跡や灯台跡があります。また途中には深蛇池という湿地帯もあり、いろいろの水性植物が住んでいるとのことです。その湿地他の上ではオオタカが舞っています。

 

友ヶ島(沖ノ島)船着き場

 

宿泊所

 

第2砲台跡

この日は中は見学でいなかった

 

深蛇池

本当に大蛇が出そうでした

 

池の上を舞うオオタカ

 

友ヶ島灯台への道

灯台の近くに第1砲台が

 

友ヶ島灯台

 

第1砲台の弾薬庫

 

灯台のある頂上から

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 万葉集でたどる奈良歴史探訪その6 忍阪最終回 舒明天皇陵から鏡王女の墓まで
    大町阿礼 (09/20)
  • 大阪歴史探訪その11 弁慶も歩いた西国街道1 阪急電車箕面線牧落駅から西国街道へ
    soho (09/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM